国内

SNS中傷、自粛警察、ポテサラ論争 コロナ禍映す過剰な正義

最近ではポテサラ論争も

 東京五輪を楽しんでいるはずが、肥大し続けるばかりのコロナ禍による社会不安。今年ほど期待外れで落差のある年はない。そんないま、家族や地域を守るためと称して自分の価値観を一方的に押し付けるなど、SNSで他人を中傷する行為がエスカレートしている。実のところ、これらの行為は、過剰な愛と正義感によるものではないだろうか。そんな行為の代表例はこの3つだ。

【SNS中傷】
 SNSは楽しい半面、直接誹謗中傷されるリスクがあり、テレビ番組での演技を契機に叩かれた女子プロレスラーが亡くなったケースも。誹謗中傷の発信者は今後立件される可能性もあるが、その裏には偏った正義感と怒りがあったという。

【自粛警察】
 新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急事態宣言下、不要不急の外出をする人や営業を自粛しない店を攻撃する自警団的な「自粛警察」が発生した。最近はマスク不着用を注意する「マスク警察」、帰省者を監視する「帰省警察」も出現している。

【ポテサラ論争】
「総菜コーナーでポテトサラダを買おうとした幼児連れの女性が、高齢男性から『母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ』と怒鳴られるのを目撃した」とのつぶやきがSNSに投稿され、13万件超のリツイートがつき賛否両論。論争に発展。

 不寛容の風潮がコロナ禍で拡大したいま、この3例は、「よりギスギスした日本をよく表している」と、新潟青陵大学大学院教授の碓井真史さん(社会心理学)は言う。

「ポテサラ論争のような街中で説教をする中高年は、以前からいました。彼らは、会社員時代は“おれの話を聞け”という欲求がある程度満たされていたのですが、定年後は誰からも相手にされなくなり、駅員などを相手に苦情を言うのが関の山。ポテサラ論争は、そのうっぷんを一般の人にぶつけている事例といえます。

 思い浮かんだことや古い価値観などは心の中にとどめればいいのに、老化で抑制力が弱くなると文句を言いたくなるのです」(碓井さん)

 SNSに関しては、以前も世間を騒がせたことがあった。

「“保育園落ちた。日本死ね”に代表されるように、もともと言葉が荒れやすい文化がネットにはあるんです。発信側が深く考えず、“死ねばいい”みたいな中傷を書き込むと、中傷に慣れていない受け手の当事者は、想像以上に傷ついてしまう。事件化しないまでも、日本中でいま、同様のことが起きているわけです」(碓井さん)

※女性セブン2020年9月10日号

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン