• TOP
  • 国内
  • コロナ患者の87.4%に後遺症 疲労、呼吸困難、関節痛など

国内

2020.09.04 07:00  女性セブン

コロナ患者の87.4%に後遺症 疲労、呼吸困難、関節痛など

イギリス、イタリアでは後遺症患者の治療に公費負担を約束する(共同通信社)

 世界を混乱に陥れている新型コロナウイルス。各国の研究で後遺症の内容が明らかになりつつある。退院患者143人を追跡調査したイタリア・ジェメッリ大学病院などの研究では、回復から平均2か月の段階で、87.4%の患者に後遺症があった。最も多い症状は疲労(53.1%)で、呼吸困難(43.4%)、関節痛(27.3%)が続き、3つ以上の後遺症が残った回復者が過半数を超えた。

 米ニューヨーク在住でアーティストのハンナ・デービスさんも、感染から5か月経った現在、複数の後遺症に悩まされている。

「発症前は健康でしたが、新型コロナから回復した後は、ほぼ毎日のように熱があって、頭痛や耳鳴り、筋肉痛などが消えません。神経内科、内分泌内科、循環器科、免疫科、かかりつけの総合診療科など多くの専門医に診てもらい、脳のリハビリを開始するためにMRIや脳波、神経心理学的な検査を受けましたが症状は改善していません」(ハンナさん)

 なかでもつらいのは、神経系の症状だという。

「腕や手の感覚がなくなり、頭がぼおっとした感じが強くて、人と会話をするのも長い時間は難しい。立っているだけで心拍数が急上昇することがあり、階段を数段上っただけで1分間の脈拍が150に達するため、遠くまで歩くことができません。

 嗅覚にも異常が出ており、実際は肉を焼いていないのに、肉が焦げたにおいがする『幻臭』があります。どの医師もなぜ後遺症が起こるのかわかっておらず、数か月間は、仕事や身体活動の量を最小限にするよう指示されています」(ハンナさん)

 アメリカの新型コロナ対策チームを牽引する、米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は7月、医学情報サイトでこう指摘した。

「『筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)』と非常に似ているウイルス後遺症を持つ人が驚くほど多い」

「ME/CFS」は、原因不明の激しい全身倦怠感に襲われ、微熱や頭痛、筋肉痛などが長期にわたって続く難病だ。3月末に新型コロナに感染した米CNNの人気キャスターのクリス・クオモさんは、7月中旬の番組で体調が完全に回復していないことを明かし、「ME/CFS」と同様の症状に悩まされているとして次のように訴えた。

「脳の霧が消えない。自分ではコントロールできない」

 実際、世界各国の多くの研究で、退院後に頭がもやもやする「ブレイン・フォグ(脳内の霧)」の存在が指摘されている。

 嗅覚障害や味覚がなくなることも代表的な後遺症だ。例えば3月に感染したイギリスのチャールズ皇太子は、6月になっても嗅覚と味覚が回復しなかった。

 視力や聴力の低下も報告される。中国の研究結果では、湖北省の病院で診断された陽性者の3割に結膜の充血、膿、涙道の分泌物増加など、結膜炎と一致する症状があった。感染から回復したイギリスのジョンソン首相は5月、記者会見で眼鏡を取り出して、「コロナに感染したため、視力が低下した」と語った。

関連記事

トピックス