• TOP
  • 芸能
  • イケメンだらけ! いま注目の次世代韓流スター8人を紹介

芸能

2020.09.06 16:00  女性セブン

イケメンだらけ! いま注目の次世代韓流スター8人を紹介

この8月に海軍広報部へ入隊したパク・ボゴム(写真/アフロ)

『愛の不時着』や『梨泰院クラス』、『サイコだけど大丈夫』など、Netflixで配信中のドラマを中心に、韓流ブームが再燃! おさえておくべき韓流スターの王子さまたち8人を紹介します!

●パク・ボゴム(27才)

 ファンタジー時代劇『雲が描いた月明り』(2016年)で国民的人気を博し、日本では歌手としてメジャーデビュー。9月から韓国で放送予定のドラマ『青春記録(原題)』と、8月に日韓同時リリースしたシングル『ALL MY LOVE』を置き土産に8月31日、海軍広報部へ入隊した。

●アン・ボヒョン(32才)

初のヒール役で大ブレークしたアン・ボヒョン

 ボクサーからモデルを経て俳優に転身。『梨泰院クラス』では、主人公パク・セロイとの悪縁に苦しむライバル役で初のヒール役を好演し、6月には日本公式ファンクラブが発足するなど一躍ブレーク。

●キム・ドンヒ(21才)

Netflixオリジナルシリーズ『人間レッスン』独占配信中

 2018年にデビューするや、上流社会のお受験を描いたドラマ『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』(2018年)や『梨泰院クラス』で圧倒的な存在感を示し、異色の学園ミステリー『人間レッスン』(2020年)ではついに主演に抜擢。出演作はいずれも高視聴率という期待のホープ。

●ド・ギョンス(D.O./EXO、27才)

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION U-NEXTにて配信中

 人気K-POPグループEXOのメインボーカルながら、数々の映画やドラマで活躍。入隊中の現在も陸軍のミュージカル『帰還』の主人公を演じ、6月にも再演予定だったが新型コロナウイルスの影響で延期に。

●ソン・ジュンギ(34才)

日本でも人気が高いソン・ジュンギ(写真/AFLO)

『トキメキ☆成均館スキャンダル』(2010年)や、『太陽の末裔』(2016年)など数々の作品に出演し、あまりにも高い顔面偏差値から日本でも一躍人気に。2017年にソン・ヘギョと結婚するも2019年に離婚。8月には日本ファンクラブ開設に先駆けて公式Twitterがスタートした。

●イ・ミンホ(33才)

Netflixオリジナルシリーズ『ザ・キング:永遠の君主』独占配信中

『花より男子~Boys Over Flowers』(2009年)の主演でブレーク。2019年4月の除隊後初主演作のファンタジーロマンス『ザ・キング:永遠の君主』では時空を超える大韓帝国の皇帝を演じ、白馬にまたがる姿は王子そのもの。

●イ・ジョンソク(30才)

Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中

 2019年3月に社会服務要員(兵役の代替任務)となり現在は芸能活動を休止中。入隊直前のドラマ『ロマンスは別冊付録』(2019年)では、初のラブコメに挑戦。年上ヒロインの上司、弟、彼、とさまざまな顔を見せ甘辛な魅力をさく裂させた。

●コン・ユ(41才)

『82年生まれ、キム・ジヨン』(配給:クロックワークス 10月9日より新宿ピカデリーほか全国公開)(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

『コーヒープリンス1号店』(2007年)で大ヒットを博したプリンスは2018年に『トッケビ ~君がくれた愛しい日々~』(2016年)で大人の色気と圧倒的なオーラをまとって再ブレーク。今秋は一転そのオーラを消して、映画『82年生まれ、キム・ジヨン』で妻の突然の変化に深く悩む平凡なサラリーマンを熱演する。

※女性セブン2020年9月17日号

関連記事

トピックス