ライフ

懐かしの「夏休みの友」 昭和30年代の内容を振り返る

昭和のころ、夏休みといえばこの宿題だった(提供/富澤瑞夫氏)

 9月に入ってもなお厳しい残暑が続いている。思えば今年の夏は、新型コロナウイルスの感染拡大、遅い梅雨明け、そして40℃に迫る酷暑が列島を襲うなど、例年とは違う様相だった。子どもたちにとっても、夏休みそのものを体感できない異例の夏だったと言えよう。

 夏休みといえば「自由研究」や「読書感想文」などが宿題の代表格だった。それとともに、「夏休みの友」などの学習帳が思い出に残っている人も多いのではないだろうか。

 夏休みの学習帳は、休暇中に自分で勉強できる教材として開発されたもので、戦後は都道府県ごとの教職員組合などが主体となり、ガリ版印刷などで手作りされたものが存在していた。元小学校教師で教育評論家の親野智可等(おやの・ちから)氏が解説する。

「戦後においては、日常的に授業をしている先生が自前で教材をつくるのはとても無理なので、地区ごとに教材をつくる団体があり、そこが手弁当で教材を作っていた。その後、都道府県の教育委員会を中心に作られる地域も出てきました。内容は地域によって異なり、日記や国語や算数などの学習帳を1冊にまとめたものや、それぞれの科目を分けたものが作られました」

 昔の「夏休みの友」の現物から、昭和の子どもたちの生活を覗いてみたい。

 古書店で入手した昭和32(1957)年7月発行、山梨県立教育研修所と山梨県教職員組合が企画・編集した小学1年生向けの『なつやすみのとも』は「もう すぐ なつやすみ せんせいと いっしょに よんだり かいたり いたしましょう」という言葉から始まる。

 実際に鉛筆で子どもらしい文字で書き込まれた本書の元の持ち主は、当時の小学1年生の女の子とみられる。

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン