国内

“変われぬ政治”示した総裁選 記者の緊張感も感じられない

3候補の共同記者会見からは熱意や活気が感じられない(写真/時事通信社)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、9月8日に開かれた石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長3候補の共同記者会見について。

 * * *
 覇気がないというか、活気を欠いているというか、地味というか。9月8日に開かれた自民党総裁選の候補者3人による共同記者会見は、よく言えば淡々と落ち着いていたけれど、悪くいえば熱気が感じられなかった。果たして、これからの政権に期待していいものかどうか判断に迷う。

 菅義偉官房長官が優勢とされ、「次期自民党総裁は菅氏で決まり」と思われている今回の選挙戦。安倍政権を「継承」する候補者か、「転換」へと舵を切る候補者かで分け、その政策や手法を論じるメディアもある。だが、路線はほぼ継承へと決まっている。安倍首相を神輿として担いできた議員たちや派閥は、今まで通りで良いという「現状維持バイアス」に陥っているようだ。

 そのため、多くの自民党議員が求めた党員投票は行わず、両院議員総会を開き、国会議員と都道府県連の代表による投票によって総裁が決まることになった。党員投票が実施されれば、全国の党員に人気がある石破茂元幹事長が選出される可能性が出てくるからだろう。安倍政権を継承させたい議員らにとって、転換派の石破氏は目の上のたんこぶ。これまでの7年8か月の成果(?)が、もしかすると色んな意味でひっくり返るかもしれないのだから、阻止しようと躍起になるのも無理はない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン