• TOP
  • 芸能
  • 内博貴が主演舞台の稽古で覚悟 谷村美月、山口真帆ら共演

芸能

2020.09.12 16:00  NEWSポストセブン

内博貴が主演舞台の稽古で覚悟 谷村美月、山口真帆ら共演

小山初代・太田静子の2役を演じる谷村美月が華やかな着物で登場

「浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~」が9月5日、東京・ヒューリックホール東京で開幕。公演前に取材会が開催され、主演の内博貴のほか、出演者の谷村美月、室龍太(関西ジャニーズJr.)、千原せいじ、山口真帆、湖月わたる、なべおさみが出席した。

 太宰治の親友だった檀一雄の回想録『小説 太宰治』をベースにした今回の舞台。内が太宰を演じ、太宰とともに波乱の人生を送る小山初代/太田静子の2役を谷村が、檀役を室が演じる。

 また、千原せいじは井伏鱒二を、山口真帆は晩年の太宰を支えた山崎富栄を、なべおさみは山崎富栄の父・山崎晴弘を、湖月は銀座のバーのマダム雪子を演じる。

 稽古は、新型コロナウイルス感染対策のため、マスクやフェイスシールドをしたうえで稽古が行われたとのこと。座長の内は「いつ自分がかかってもおかしくない」という危機感をいだきながら、稽古に励んだという。初日を迎えられた喜びを表しながらも、「千穐楽まで気を緩めることなく、気を付けながらやっていきたい」と意気込みを語った。

撮影/矢口和也

関連記事

トピックス