芸能

YOASOBI、大ヒットの背景は「現代のリアリティとの共鳴」

YOASOBIのikura(左)とAyase(公式サイトより)

 2人組音楽ユニットYOASOBIの代表曲「夜に駆ける」が、9月14日付(集計期間:8月31日〜9月5日)のBillboard JAPAN ストリーミング・ソング・チャート〈Streaming Songs〉で首位を獲得して話題を呼んでいる。彼らの楽曲はなぜ、多くのリスナーを惹きつけているのだろうか。

 YOASOBIはボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)によって2019年に結成された。“小説を音楽にする”というコンセプトを掲げ、これまで配信限定のシングル曲を5曲発表している。

 なかでも2019年12月にリリースされたデビュー曲「夜に駆ける」はSNSを中心に大きな反響を巻き起こした。特にTikTokで多くのユーザーがこの楽曲を使用したことが、若者たちの間に熱狂的なファンを数多く生み出した。TikTokでの関連動画の再生回数は6月までに1億回を突破し、今も猛烈な勢いで増え続けている。

 2020年4月には音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」の月間ランキングでトップを獲得。YouTubeで公開されたミュージックビデオは8000万回近くもの再生回数を記録している(2020年9月10日現在)。

 小説家の星野舞夜がネットに投稿した物語『タナトスの誘惑』を原作とした独特の世界観が特徴の「夜に駆ける」だが、サビに向かうにつれて徐々に複数の歌声が重なり、まるでボーカロイド(音声合成ソフト)のような機械的で抑揚のない歌声に変化していくという音楽内容も特徴的だ。

 作曲担当のAyaseがボーカロイドを用いてデモを制作しているため、人間が歌いながら作る楽曲とは異なる機械的なメロディであることも、歌声が合成音声のように聴こえる理由なのだろう。だが楽曲冒頭の生々しいブレスノイズ(息継ぎの雑音)や、終盤で唐突にバックトラックが消えて耳元で囁くかのような声が挿入されることに比べると、サビの歌声の無機質さはやはり際立っている。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン