国内

携帯料金値下げに躍起の菅首相 NHK受信料は安くしないのか

既得権に切り込めるか(時事通信フォト)

 9月16日に発足した菅義偉新政権。官房長官の時代から「携帯電話料金の4割引き下げ」を業界に要請してきた菅首相は、9月18日には武田良太総務相と会談し、改めて引き下げを実現するよう指示した。これを受け、武田総務相は「できるできないではなく、やるかやらないかの話だ」と述べ、値下げ実現に意欲を示している。

 一連の報道に、ネット上では〈安くなるのはありがたい〉といった歓迎の声がある一方で、それと変わらないくらいの数で〈国民の大多数は携帯料金よりもNHK料金の値下げの方がニーズが高い〉〈NHKの受信料を見直してほしい〉との声が上がっている。

 実際、携帯料金については、格安スマホ業者が勃興しており、大手キャリアでもデータ通信量の上限を定めた格安プランが始まっている。それらのプランを利用すれば、携帯電話の月額基本料金がNHKの受信料(地上・衛星契約、口座振替・クレジット払いの場合で税込2230円)を下回るケースはざらにある。

 一方、最近ではさまざまな動画配信サービスが誕生している。Netflixは月額880円(税込み、以下同)、Huluは1026円、Amazonプライムビデオは500円と、NHKより安い。

 もちろんNHKの場合、こうした動画配信サービスと異なり、時事ニュースや災害時の情報提供、選挙広報、国会中継など“国民にとって必要だが民放では視聴率が取れなくて制作できないような番組”も、受信料で賄っているから放送できるという側面はある。

 その反面、NHKのドラマや音楽番組、スポーツやバラエティ番組などは、好きな人にとってはかけがえのないものかもしれないが、興味のない人だと、強制徴収された受信料がこうした番組の制作に使われていることに不満をもっても何ら不思議ではない。

 日本新聞協会は、今年5月22日、総務省の有識者会議に「NHKの『三位一体改革』に関する意見」と題した意見書を提出し、経営資源と業務の集中により、〈総額2000億円近い国民負担を削減できる可能性がある〉と提言。受信料収入年間約7000億円のうち、2000億円を削減し視聴者に還元すべきとしている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン