芸能

画家・中島健太 炎上恐れて本音言わないテレビ出演者に意見

『グッとラック!』の本音コメンテーターとしてプチ炎上も経験。画家の中島健太さん

 私鉄沿線の人気のエリアにあるタワーマンションの一室。窓からは青い空が見える。イーゼルには描きかけの新作が置かれ、その周りには絵の具まみれのパレットや多くの絵筆が無造作に置かれている。ここは“完売画家”としてテレビなどでも取り上げられる売れっ子画家・中島健太さん(35才)のアトリエだ。

 鍛え上げられたガッチリとした上半身に濃紺のシャツをすっきりと着こなした姿は、コメンテーターとして出演していた『グッとラック!』(TBS系)で見た知的でクールなイメージそのままだ。

「21才から美術業界で作品を発表し続けてきました。恵まれた20代だったと思います。でも、全国津々浦々で個展を開催しても、たいていの人はぼくのことをよく知らない」(中島さん・以下同)

 そう語ると、少し微笑み、話を続ける。

「美術業界は、40代で新人といわれてしまうような業界。このままでは名が知られる頃には40代後半になってしまうかもしれない。知名度を上げるにはメディアに出るのがいちばんと思い、テレビ出演や取材には積極的に応じてきました。そんなときに『グッとラック!』のプロデューサーからお声がけいただいたんです」(中島さん・以下同)

 さまざまな業種のスペシャリストが昨今のテレビのコメンテーターとして出演しているが、それでも画家は珍しい。しかも、きちんとベストを着込み、淡々と持論を理論的に展開する姿は、破天荒なイメージのあるアーティストとは一線を画している。

朝のテレビ局は雰囲気がいい

 昨年9月、番組スタートとともに木曜日のレギュラーになって1年。先月末でその任を終えたが、「あの人はいったいどんな人なの?」などと、ふだんは絵画やアートにそれほど興味のない主婦層からも、注目される存在となりつつある。

「絵画の世界は浮世離れしているので、情報番組に出演させていただいて、世の中の人が興味あることの最前線を知ることができるのは、自分と世の中を結びつけてくれる気がしました。

 それまで新聞をほとんど読んでいなかったのですが、出演させていただく以上、勉強もしなければいけない。ということで、新聞も最低3紙くらいは読むようになりました。情報発信されているものに、日常的に目を通すようになったのは、ぼくにとってもいい変化でした」

 ふだんの起床時間は午前8~9時。1日10時間絵を描いていることもあるという。だが、番組のある木曜日だけはちがう。午前4時に起きて5時半にスタジオ入りしていた。打ち合わせが始まるのは7時からだというのに、どうしてそんなに早く?

「朝のテレビ局って雰囲気がいいんですよ。何かが始まる気配みたいなのがあって、コーヒーを飲めるスペースもあるし、ゆっくりとその雰囲気を味わいながら、情報を入れて打ち合わせに臨むのが習慣になっていました。番組が終わったら、すぐに帰ります。反省会はなかったので」

 と、にっこり微笑む。話すときの真剣さと、この笑顔のギャップが印象的だ。気をつけていたのは、画家という立場から自分なりの視点を明確にすることだ。

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン