芸能

石原さとみロスで悲鳴続々「残された望みはガッキーしか…」

石原さとみを“失った”

「石原さとみロス」で悲鳴が続出

 女優・石原さとみ(33)の結婚が10月1日、所属事務所を通じて発表された。入籍はしておらず、式・披露宴は未定だという。本人がメディアに送った直筆メッセージでは、石原の温度感が伝わる文字で「かねてよりお付き合いさせて頂いています一般の方と結婚する運びとなりました」「彼となら様々な事を共有しながら、どんな困難も乗り越えていけると確信いたしました」「二人で、大切なものを大切だと思える人生を共に歩んでいけたらと思います」といった石原の率直な気持ちが綴られていた。

 その文章を見て祝福の声が上がる一方で、「石原さとみロス」の悲鳴が続々と飛び出している。ファンからはツイッターなどで「もうだめだ、明日から会社に行けない」「俺の支えがなくなった」といった声が多数あがったほか、電車内で「まじかよ……」と呟いて頭を抱える男性がいたという目撃証言もあった。

 9月末には石原主演のドラマ『アンサング・シンデレラ』が最終回を迎えたこともあり、「木曜夜の癒しがなくなったばっかりなのに……俺からどれだけ奪えば気が済むんだ」といった嘆きのコメントも出ていた。

 その他にも、「あのぷっくりとした唇が……」「石原さとみ結婚、思ったよりダメージ大きい」といった、胸を痛めるファンたちの声が続々。

 33歳で、長くトップ女優として芸能界の第一線を歩んできた石原の結婚は、ファンの間に大きな衝撃を与えているようだ。ここ5年の石原さとみ主演ドラマをすべて観てきたという30代会社員男性は、「“恋多き女”という噂は知っていても、まさか……。残された望みは、ガッキーしかいません」と嘆いた。

関連記事

トピックス

絶頂期のブルゾンちえみ。2017年撮影(時事通信フォト)
《ブルゾンちえみ》独立で芸名使えなくなった藤原しおり「SNS全閉鎖」の背景に“苦渋の決断”
NEWSポストセブン
サンゴの粉で
小雪が実践する「サンゴの粉で洗濯」 環境保全のためのはずが逆効果になってしまうことも
女性セブン
65才の2人を目撃
《65才とは思えない》ピンク・レディーのミーとケイ「すごい現役感」驚愕の私服姿
NEWSポストセブン
シャンパンファイトでは率先して輪の中心に(写真/共同通信社)
大谷翔平の食生活 得意料理はパエリア、酒は飲めるが必要性を感じないため飲まない
女性セブン
立候補した岸信千世(時事通信フォト)
岸信千世氏 当選前に会費1人2万円の大規模政治資金パーティー、お土産はドリップコーヒーパック1箱
NEWSポストセブン
みきママが離婚発表、“シングルファーザー宣言”の元夫に直撃 親権は「まだ決まってない」
みきママが離婚発表、“シングルファーザー宣言”の元夫に直撃 親権は「まだ決まってない」
女性セブン
除名されたガーシー氏(時事通信フォト・旧NHK党)
《キャラ変》ガーシー容疑者が「暴露系YouTuber」引退宣言 今後は「ドバイのおいしい店情報」発信へ
NEWSポストセブン
スーツ姿のサマになる(2022年。写真/共同通信社)
大谷翔平、ブランドと契約し「チームでいちばんダサい」から脱却 ヘアカットは水原通訳と近所の理髪店
女性セブン
「中村さん」と呼んでいた水トちゃん
水卜麻美アナの結婚秘話 中村倫也が交際バレないために芸能人御用達マンションに引っ越し、呼び方は「中村さん」
女性セブン
岸谷香&五朗の長男が
岸谷五朗&香夫妻の長男が、金髪ロン毛、口ピアスのYouTuberになっていた「小室圭さんを救いたい」発言も
女性セブン
リラックスした表情に多くのファンが胸キュン(左は水原氏。写真/共同通信社)
大谷翔平「バルコニーにジャグジー」「愛車はポルシェ」のカリフォルニア生活「近づくといい香り」証言も
女性セブン
介護ポストセブンがキャンペーンを実施中
【Amazonギフト券総額10万円分プレゼント!】無料読者会員サービス「介護のなかま」大募集!
NEWSポストセブン