• TOP
  • 芸能
  • フジ女子アナカレンダー 同期の新人コンビは真っ白衣装

芸能

2020.10.07 07:00  週刊ポスト

フジ女子アナカレンダー 同期の新人コンビは真っ白衣装

2020年入社の渡邊渚アナ(左)と佐久間みなみアナ

2020年入社の渡邊渚アナ(左)と佐久間みなみアナ

 女子アナカレンダーの“元祖”でもある、フジテレビ女性アナウンサーカレンダー発売の季節がやってきた。2021年カレンダーのプロデューサーを務めたのは2013年入社の三上真奈アナ。今年は全て社内で撮影されており、書店や社員食堂など彼女たちの職場が垣間見られるのもまた面白い。

 そのカレンダーから、フレッシュな彼女たちの姿と一言をお届けする。

●佐久間みなみ(さくま・みなみ)/2020年入社。愛知県出身、上智大卒。担当番組は『Live News イット!』など。

「同期の新人コンビで4月を担当させていただきました。真っ白な衣装と芝生とのコントラストが綺麗で気に入っています。自然体な自分を表現できました!」

●渡邊渚(わたなべ・なぎさ)/2020年入社。新潟県出身、慶大卒。担当番組は『めざましテレビ』など。

「アナウンス室の先輩がたくさん撮影現場にいて緊張しました。でも同期との爽やかでフレッシュな撮影ができたと思います。佐久間アナのクールな雰囲気が印象的でした」

●宮司愛海(みやじ・まなみ)/2015年入社。福岡県出身、早大卒。担当番組は『S-PARK』など。

「撮影の舞台は社内にある本屋さん。鈴木アナとは番組で共演しているので色んな表情を知っているつもりでしたが、普段とは違うスタイルが新鮮で可愛くて見惚れていました」

●鈴木唯(すずき・ゆい)/2016年入社。東京都出身、早大卒。担当番組は『S-PARK』など。

「普段の番組では着ないようなレトロな雰囲気の衣装が可愛くてお気に入りです。宮司アナからは細かいアドバイスをたくさんいただき、番組同様、引っ張ってもらいました!」

●井上清華(いのうえ・せいか)/2018年入社。福岡県出身、青学大卒。担当番組は『めざましテレビ』など。

「アナウンス室のソファスペースという、私達の憩いの場での撮影でした。いつもここで相談をしたり、アドバイスを貰ったり、楽しくお喋りをしているんですよ」

*『フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2021 ~Welcome to Fuji Television~』は10月6日発売、2530円(税込)。

(C)フジテレビ 撮影:横山翔平(t.cube)

※週刊ポスト2020年10月16・23日号

関連記事

トピックス