芸能

浅野温子、30年ぶり角川春樹作品で「お互いとし取ったね」

トレンディードラマのヒロイン

トレンディードラマのヒロインが角川組に30年ぶりに参加

『抱きしめたい!』、『101回目のプロポーズ』ほかトレンディードラマで一世を風靡した“トレンディー女優”がスクリーンに戻ってきた──。角川春樹が“生涯最後”の映画監督作品をしてメガホンを取った映画『みをつくし料理帖』で、4年ぶりに映画出演する浅野温子(59才)。彼女は原作のファンでもあるという。

 同作は江戸・神田の蕎麦処『つる家』で女ながらに料理人として働く澪(松本穂香)が艱難辛苦を乗り越えながら、天性の料理の才で運命を切り拓いていく物語。劇中では澪が暮らす長屋の隣人で『つる家』の手伝いもしている、おりょうを演じる。

「おりょうは長屋代表として澪ちゃんをきちんと迎えて、長屋の人と人、『つる家』と食べに来てくださる人をつなげて温かい雰囲気を出せたらいいなと原作ファンとしては思っていたんですけれども、現場へ入って監督にすべて壊されました! 澪ちゃんが幸せになれるように彼女が料理を作れる場所を盛り上げていく存在でありたいと考えていたものの、『つる家』ではどちらかというとお客さんとのバトルになりまして(苦笑)。

 常連客の清右衛門(藤井隆)とのかけあいは脚本が切れても監督からカットがかからずアドリブ合戦になっていて、最後はほとんどでたらめ。“誰か、監督を止めろぉ”と心の中で叫んでいました(笑い)。あまりにはっちゃけているのでおりょうが作品を壊していると言われたらどうしようかと心配で、私は番宣を控えた方がいいのではとひやひやしています」(浅野・以下同)

 角川春樹がメガホンを取った同作には、薬師丸ひろ子、渡辺典子、石坂浩二、榎木孝明、鹿賀丈史ら角川映画の常連だった豪華メンバーが集結。『スローなブギにしてくれ』(1981年)で主演デビューをした浅野は、『天と地と』(1990年)以来30年ぶりの角川組参加となった。

「最後にご一緒できて光栄ですが、監督とは“お互いとし取ったね”という感じですよね(笑い)。角川監督と聞いて思い浮かぶのはとにかく怖かったということです。今回の現場では菩薩のように穏やかでしたが、監督デビュー作となった『汚れた英雄』(1982年)のときなどは怒鳴りまくっていて、あまりの厳しさに鬼が来たかと思うくらい。

 だから『みをつくし料理帖』の最終日に私が考えてきた演技プランにNGを出されまくりながらも“温子はちゃんと考えてくるね”なんてほめてもらっても、最後の最後まで怖いなと油断できなくて」

関連キーワード

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン