国内

SNSでの「個人間融資」 返済トラブルからリベンジポルノも

ツイッター上で融資を持ち掛ける投稿(時事通信フォト)

ツイッター上で融資を持ち掛ける投稿(時事通信フォト)

 駅裏の薄暗いビルにある素性が分からない金貸し屋だったら、そのドアを開けて金を借りようとする人は限られるだろう。ところが、実態はそれほど変わらない、いやもっと悪質かもしれないのに日常的にスマホでみかけるSNSで知ったからと借りてしまう人が少なくない。だが、それをきっかけにSNSでもリアルでも居場所を失う人が後を絶たない。ライターの森鷹久氏が、SNSの個人間融資を利用した人が、すべてを失うことになった顛末についてレポートする。

 * * *
「たった5万円です。たった5万円であそこまでするでしょうか……」

 こう言って泣き崩れたのは、関東某県在住のアルバイト・中田春奈さん(40代・仮名)。ほんの半年前まで、生まれ育った実家で暮らしながら、近くの飲食店に勤務するというごく平凡な生活を送っていたのだが、とあるきっかけで、何もかも失った。

「給料日直前、どうしてもお金が必要になり、ツイッターで知り合った方から、5万円を借りました。もちろん、いけないことだとは思っていましたが、給料で返せばいい、そう思っていたんです」(中田さん)

 ツイッターなどのSNS上で「個人間融資」と検索すれば山ほど出てくる怪しげなアカウントや書き込み。これらはすべて、関係機関に届け出などをしていない違法な「闇金」業者であり、10日で1割というこれまた違法な利息を取る通称「トイチ」、もしくはそれ以上の高い金利をつけて客に金を貸す。

 中田さんの両親は共に介護が必要な後期高齢者で、特別養護老人ホームで暮らしている。2人の年金や介護保険を使っても入居費用は賄えず、中田さんの十数万円の月給から月数万円を捻出しなければならない。さらに悪いことに、両親が施設に入る直前に自宅のリフォームとバリアフリー工事を行なったため、銀行で借りたローンもたっぷり残っている。そこにきてのコロナ禍は、まさに泣きっ面に蜂と言えた。

「コロナで仕事がなくなり、給与が片手ほどしかもらえない。銀行への返済が滞ると信用情報に傷がつくと聞き、その場しのぎのつもりでSNS経由で借りました。ツイッターとラインでやり取りをし、いつまでに返済するという念書を書き、私の顔写真と共に相手に送りました。その際、住所の確認用にと免許証と保険証の写真も要求され、言われるがまま送りました。危ないことだとは思いましたが、頭の中が返済でいっぱいでした」(中田さん)

 怪しい業者に5万円を借りた中田さんだったが、口座に振り込まれたのはなぜか3万9千円程。業者によれば、5千円は利息の天引き、残り5千円は事務手数料、端数は銀行への振込手数料である、ということだった。利息の説明はあったものの、そのほかの手数料についての説明はなく、納得がいかない中田さんは、その件について、先方を問い詰めた。すると……。

「急に、送られてくるメールの文調が怖い感じになり、返さないなら考えがあるとか、文句があるなら警察へ駆け込めばいい、と送られてくるようになりました。返済期限前に、4万5千円を振り込むと、それでは足りないと催促されました。返すものは返したし問題ないと思っていると、一週間ほどで勤務先の上司から呼び出されました」(中田)

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン