国際情報

BTSの中国炎上騒動は「大山鳴動」、人気を証明しただけ

朝鮮戦争に言及したことで波紋を呼んだBTS(写真/GettyImages)

 今年、米ビルボードチャートで韓国人アーティストとして初の1位を獲得した韓国アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」の、朝鮮戦争に関する発言が中国で波紋を広げている。中国国民による激しい反発が起き、BTS関連製品の不買運動や一部の中国のBTSファンがSNSなどを通じて“謝罪”する騒ぎにまで発展しているが、中国の経済、社会に詳しいジャーナリストの高口康太さんは、「むしろBTS人気が印象づけられた」と指摘する。

 * * *
 BTSは2013年にデビューした7人組の男性アイドルグループ。米ビルボードのトップ・ソーシャル・アーティスト賞を2017年から4年連続で受賞するなど世界的な人気を誇る。所属事務所のビッグヒットエンターテイメントは10月15日、韓国取引所に新規株式公開(IPO)すると、時価総額11兆ウォン(約1兆円)を記録するなど、まさに今勢いに乗りまくっているアーティストだ。

 そのBTSが中国で“炎上”事件を引き起こしたという。事の発端は、10月7日に行われた「”2020 Van Fleet Award」授賞式でのBTSメンバーの発言。米民間非営利団体(NPO)の「Korea Society」は、米韓関係の発展に寄与したとしてBTSにVan Fleet賞を贈った。その際、メンバーのRMが「朝鮮戦争70周年に受賞したことに特別な意味を感じる。米韓両国が共に経験した苦難の歴史、多くの男女の犠牲を永遠に記憶しなければならない」と発言し問題視された。朝鮮戦争には中国人民志願軍も参戦した。135万人もの中国兵が戦い、11万人が命を落としたとされる。「米韓両国の犠牲だけを記念して、中国人の犠牲を無視するとはどういうつもりか」と、中国のネットユーザーから怒りの声が上がったのだ。

 中国SNS大手の微博(ウェイボー)では、「BTS」がホットワードランキング1位になったほか、中国外交部の定例記者会見でもこの件について質問があり、趙堅立報道官が「関連報道及び中国ネットユーザーの反応には注意している。お伝えしたいのは歴史を鑑とし、未来に向かって、平和を尊び友好を促進することこそ我々の共同の願いであり、努力に値するべきことだ」と言及する騒ぎとなった。外交部報道官がコメントする、つまりは国際問題にまで発展したわけで、まさに一大事。この騒ぎに韓国の電機大手サムスン電子は、新型スマートフォンの「ギャラクシーS20+ 5G BTSエディション」の中国ネットショップでの販売を中止、韓国大手自動車メーカーの現代(ヒュンダイ)自動車もBTSを起用した広告を一時取り下げるなどの対応に追われた……。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン