• TOP
  • 芸能
  • 『24 JAPAN』、ジャックのあの名言は登場するか?Pに聞いた

芸能

2020.10.19 16:00  NEWSポストセブン

『24 JAPAN』、ジャックのあの名言は登場するか?Pに聞いた

CTU班長・獅堂現馬を演じる唐沢寿明

 大ヒット海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』が、テレビ朝日開局60周年記念ドラマ『24 JAPAN』(毎週金曜午後11時15分~※一部地域を除く)として日本で初リメイク。一世を風靡したドラマの日本版とあって、大きな反響を呼んでいる。

 本家『24』の主人公、ジャック・バウアーといえば、「本当にすまないと思っている」などの“名言”がおなじみだが、日本版ではこの台詞は登場するのだろうか? また、オリジナルドラマの再現度はどれくらい意識したのか。テレビ朝日の神田エミイ亜希子プロデューサーに、話を聞いた。

池内博之は目力がトニーっぽい

CTUのセットは再現率が高いと話題に

 ネットではCTU(テロ対策ユニット)のセットの再現性の高さが話題となっている。

「CTUのセットについては原作を意識しています。でも話のベースにしているシーズン1は約20年前につくられたものなので、オリジナルをそのままにするとパソコンや通信機器が古くなるため、現代風に変えています。

 ただ、班長の部屋が2階にあることは、『24』ファンのみなさんに刷り込まれていると思いますので、オリジナルのままにしました。2階であることは、横だけではなく縦にも空間を有効利用できますし、視線での芝居もできる。あえて原作を再現しようと思ったわけではないのですが、原作が持っている良さを取り入れた結果です」(神田さん・以下同)

南条巧役の池内博之

 原作でCTUの捜査官であるトニー・アルメイダにあたる南条巧役の池内博之(43才)が「トニーすぎる!」と評判になっている。トニーに寄せるための演技指導を行ったのだろうか。

「トニーは、面白いキャラクターで、人気のある役です。どなたにお願いしようかというなかで、純粋に池内さんが合うなと考えてオファーしました。特に演技指導はしていませんし、ご本人もオリジナルに似せようと思っていないはずです。予想以上の再現度でした。あの目力が、トニーっぽいのかもしれません」

関連記事

トピックス