• TOP
  • 国際情報
  • トランプが煽る陰謀論「小児性愛集団QAnonの世界支配」

国際情報

2020.10.19 07:00  NEWSポストセブン

トランプが煽る陰謀論「小児性愛集団QAnonの世界支配」

藁をもつかむ思いで陰謀論に加担?(AA/時事通信フォト)

 古今東西、都市伝説や陰謀論は人の心を惑わし、魅了するものだ。しかし、それを一国の指導者が信じたり煽ったりする光景は異様である。小児性愛集団のネットワークが世界を支配しているという陰謀論にしがみつくトランプ大統領の驚くべき現状を、ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏が伝える。

 * * *
 コロナウイルスが蔓延したマンハッタンを去り、コネチカット州の田舎町ウエストポートのウィークエンドハウスに疎開したのは4月であった。それからちょうど半年が過ぎた。

 8月からは、週に1回ほどマンハッタンの自宅に戻っているが、来るたびに住民たちの表情が険しくなっていると感じる。先日マンハッタンに着いて、ビルの従業員にジョークを言っても、作り笑いで相槌を打つだけだった。これは筆者がうかつで、自宅を留守にしている間に、従業員やビルのテナントに対し、「ロビーでの無駄話を慎むように」という通達が出されていたのである。マンハッタンはいまだコロナ危機の真っただ中にある。

 外に出ると、通りを歩く人々の表情も厳しく、皆、額に深いしわを刻んでいる。コロナ禍で行動が制約され、経済活動も制限されて生活は困窮している。ほとんどの人がマスクをしている点は、コネチカットの田舎町とは大きな違いだが、経済の本格的な再始動ができなければ、感染対策もそのうち疎かになるのではないかと不安がよぎる。

 少し前まで、ワクチンはすぐに完成して人々に行き渡るという楽観論もあったが、今ではその期待も大きく後退した。ワクチンがいつ市場に出て、どれだけの人に届き、そして実際に効果を発揮するのかどうか、懐疑的な人が増えている。

 人の手に負えない問題が起きると、人心は乱れる。それは戦争であったり、経済危機であったり、そして今回のように疫病だったりする。人心の乱れは社会不安を招き、犯罪や暴動、テロといった形で具現化する。しかも連鎖する。どのような形で現れるかは時代によっても異なるが、今回、アメリカでその萌芽として不気味に広がっているのが「QAnon(キューアノン)」である。ニューヨーク・タイムズが詳しく報じているが、ネットを介して広がる陰謀論や、それを支持する集団による活動を指す言葉である。

 QAnonは、2017年に匿名掲示板4chanに「Q」を名乗る人物が暗号めいた投稿(支持者らは、これを「ドロップ」と呼ぶ)を始めたことに端を発する。これまでのドロップを要約すると(支持者による勝手な解釈も多く含まれるが)、世界は悪魔崇拝的な小児性愛集団に支配されており、その集団には、ヒラリー・クリントン、バラク・オバマ、ジョージ・ソロスといった民主党重鎮とその支援者、オプラ・ウィンフリー、トム・ハンクスなどのエンタメ界のスター、さらにフランシスコ法王やダライ・ラマのような宗教指導者も含まれているというのである。

関連記事

トピックス