スポーツ

タイトル争いは投手より打者のほうが醜い争いになるワケ

野村vsスペンサーの三冠王争いは球史に残る戦いだった

 今年のプロ野球は、短縮日程だったにもかかわらず、すでにセ・パともに巨人、ソフトバンクが優勝決定を待つばかりになり、注目は個人のタイトル争いに移っている。『週刊ポスト』10月26日発売号では「醜いタイトル争い」の球界裏面史を掘り起こして特集しているが、そこで紹介されるエピソードは圧倒的に「打撃部門」が多い。これはなぜだろうか。

 打撃部門の三冠といえば本塁打、打率、打点だ。タイトルを争うような主力打者は毎試合出場するから、タイトル争いは日々めまぐるしく情勢が変化する。それだけに、シーズン終盤にタイトル争いが熾烈になると、候補の選手を抱えるチームは、ライバルの数字を上げないために、直接対決では敬遠を多発して数字を伸ばすチャンスを潰すといった醜い争いが頻発してきた。

 古くは1965年に南海の野村克也が戦後初の三冠王に輝いた際に、3部門すべてで争っていた阪急のスペンサーに対し、南海は直接対決で敬遠策を連発した。怒ったスペンサーはバットを上下逆に持って打席に立ち、外角高めの敬遠気味の球に飛びついて内野ゴロを打ったこともあった。

 投手部門の三冠は、防御率、勝利、奪三振だ。このうち防御率は、打者の打率と同様に上がりもするし下がりもするから、必ずしも登板機会が多ければ有利とはいえない。ここに「醜い争い」の余地はもちろんある。

 昨年のセ・リーグでは中日の大野雄大が2.58でタイトルを獲得したが、広島のジョンソンは2.59と、まさに“ハナ差”の初タイトルだった。もちろん本人に実力があったからではあるが、与田剛監督の後押しも大きかった。

 わずかにジョンソンに防御率で劣っていた大野は、シーズン最終盤、9月30日の阪神戦に先発。3回まで無失点に抑えて防御率を改善したが、まだわずかにジョンソンが上回っていた。そして4回、先頭の近本光司を一塁ゴロに打ち取ったところでギリギリ防御率トップに躍り出た。すると、与田監督がベンチから出てきて投手交代を告げたのである。5回まで投げれば自身4度目の2ケタ勝利が達成できるところだったが、タイトルを優先した温情采配だった。試合後、大野は「個人記録を獲るためにワガママを許してもらい感謝しています」とコメントした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン