• TOP
  • グラビア
  • 南野陽子 アイドル時代は「現場でいつも喧嘩してました」

グラビア

2020.11.02 11:00  週刊ポスト

南野陽子 アイドル時代は「現場でいつも喧嘩してました」

南野陽子がデビュー当時の撮影秘話を語る

南野陽子がデビュー当時の撮影秘話を語る

 1985年にデビューし、アイドルとして爆発的な人気を誇った南野陽子。18歳の時に野村誠一氏によって撮影された写真集『陽子をひとりじめ……』は43万部の大ヒットとなり、今でも日本の女性タレント写真集売り上げ歴代トップ10に入る。野村氏との思い出話では、現場での意外なエピソードが飛び出した。(撮影・聞き手/野村誠一)

──初めて会った日のことは今でも覚えているよ。1985年2月、デビュー前に僕の事務所にテスト撮影に来てくれたよね。でも全然笑わなくて。後から聞いたら、怒ってたんだって?

南野:怒っていたのもありますが、怖かったんです。高校の帰りにカメラマンの方への挨拶と聞いて伺ったのに、いきなり水着での撮影で……(笑い)。野村さんも会うなり「表情が同じでつまらない。この娘でページがもつかなァ」なんて言ってたんですよ!

──ごめんごめん(笑い)。でも『DELUXEマガジン』でいきなり巻頭36ページもの大特集を組むことになった。大勝負だったけど、それだけの意気込みで臨んだんだよね。グアムでの3日間の撮影が終わった時、船の上で陽子ちゃんが泣いていて……とても綺麗な涙だった。

南野:私のためにこんなに皆が真剣に、時間を使ってやってくれたんだと思うと感激しちゃって……。最初はポーズもとれないし、恥ずかしいなとか嫌だなとか、マイナスのことしか思っていなかったけど、振り返れば感謝でいっぱいです。私の仕事に対する考え方もこの現場でできた気がします。実は掲載されている服の多くは私服だったんですよね(笑い)。茶色いワンピースも、中学生の時から着ていたものなんですよ。

──写真集は大ヒット。その後もたくさん撮影したけど、そのたびに喧嘩もいっぱいしたね。

南野:いつも撮影の前の日は眠れないぐらい嬉しくて、出だしはテンションも高いのに、数ポーズ撮影しているうちに最後は喧嘩になっちゃうんですよね。野村さんに「もう止めよう!」って言われて、「上等!」という気持ちでスタジオを飛び出していったこともありますよね。

関連記事

トピックス