スポーツ

「阪急タイガース」とはいかない阪急vs阪神「因縁の戦史」

社長辞任も阪急vs阪神の権力闘争だったのか

 阪急阪神ホールディングスの角和夫・代表取締役会長グループCEOの鶴の一声で、阪神タイガースの揚塩健治・球団社長が辞任を表明したのが10月9日のこと。NEWSポストセブンでも報じたが、“不可侵”とされてきたタイガースのトップ人事に「阪急」のトップが口を出したということで、タイガース・ファンのみならず、関西財界までもが、「いよいよ阪急タイガースになるのか」と興味津々だ。

『週刊ポスト』(11月6日発売号)では、阪急vs阪神の長年にわたるライバル関係と球団経営の行方について特集しているが、そもそも経営統合(2006年)前の阪急と阪神は、球団同士も電鉄同士も水と油だった。そうなった理由としては会社設立当時にまでさかのぼる深い因縁がある。

 本業である電鉄業では、半沢直樹も驚く仁義なき戦いが繰り広げられた。在阪新聞社の社会部記者が語る。

「阪急の宝塚駅から阪神の尼崎駅まで阪神バスが走っていますが、これは昭和初期に阪神がここに電車を通そうと狙っていた名残です。しかし、阪急宝塚線に挑んだこの計画は頓挫してしまいました。逆に、阪急の塚口駅から阪神の尼崎駅までは阪急バスが入っていて、これは阪急が伊丹線を尼崎まで延長しようと画策した名残です。これも諸般の事情で潰れてしまった計画です。両社には、そんなつばぜり合いの歴史が山ほどあり、その名残は今でもあちこちに見られます」

 阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道は、大阪と箕面、宝塚を結ぶ路線として開業したが、その後は阪神、京阪、南海に対抗するために周辺の電鉄会社を統合していく計画だった。そのなかには、阪神電鉄と並行して山手側に建設許可を得ていたものの未着工だった灘循環電気軌道の買収計画もあった。阪神への対抗を意識したものだったが、阪神電鉄が訴訟を起こして妨害しようとした。最終的に3年の裁判の末に阪急が勝訴して神戸線を開通させることができたのだが、今も並行して走る両路線には、設立当時からの因縁があったのだ。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン