芸能

ベッキー&片岡コーチ夫妻 茨の道を乗り越え「3億円豪邸」

昨年末に夫婦で土地を共同購入していたという(時事通信フォト)

昨年末に夫婦で土地を共同購入していたという(時事通信フォト)

 東京都世田谷区の高級住宅地の一角に、緑色の壁が特徴的な建設中の一軒家がある。昨年1月に結婚したタレントのベッキー(36)と巨人の片岡治大・二軍内野守備走塁コーチ(37)の“新居”となる家である。

「ベッキーさんと片岡さんは現在都心のマンションに暮らしていますが、今年3月に第1子が誕生し、落ち着いた環境で子育てするためにここを選んで、昨年末に夫婦で土地を共同購入したそうです」(夫妻の知人)

 敷地は400平米近くあり、地元不動産関係者によれば土地だけで2億円、建物も含めれば3億円にも上るという。

「2億円以上のローンを組み、これから返していくことになるでしょう」(不動産関係者)

 片岡コーチを知るセ・リーグの球団関係者は驚きを隠せない。

「片岡コーチは現役時代に原監督の誘いで西武からFA移籍し、引退後も巨人に残った原人脈のひとり。巨人のコーチは年俸が他球団より高いがそれでも平均1500万円程度。来年いっぱいで原監督の契約が切れた後に、生え抜きでない彼が残れるかは微妙。現役時代は最高年俸1億7000万円でしたから、貯めていれば別ですが、そういうタイプには見えません。何事もスピーディーなのは彼らしいですが(笑い)」

 一方のベッキーはゲス不倫スキャンダル以来、テレビの仕事は激減。収入面でのサポートは期待できそうにないか? いや、そうでもないらしい。

「ベッキーさんはテレビでの露出こそ少ないものの、抜群のスタイルとファッションセンスでアラサー女性に絶大な人気を誇り、女性誌には引っ張りだこ。ツイッターには198万人、インスタグラムには133万人ものフォロワーがいます。7月に出産後の活動を再開しましたが、今後はママタレとしての需要も見込めるので、心配要らないでしょう」(芸能関係者)

 ベッキーの所属事務所は「プライベートに関することなのでコメントは控えさせていただきます」と回答。

 10月28日に出産後初となるイベントに参加したベッキーは、「素朴で普通が一番だなと思います」と語っていた。新居での“素朴で普通”な暮らしを大切にしてほしい。

※週刊ポスト2020年11月20日号

新居は完成間近だという

新居は完成間近だという

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン