国際情報

FOXも手のひら返し!? 「トランプの口封じ」が始まった

四面楚歌でも徹底抗戦の構え(AFP=時事)

四面楚歌でも徹底抗戦の構え(AFP=時事)

 トランプ大統領の生命線は「口」である。不動産王であると同時に、テレビタレントとして知名度を上げた同氏は、4年前の大統領選挙当時から、大衆を熱狂させ、扇動する話術に類まれな才能を見せた。4年の任期のなかでは、Twitterでの発信と、「トランプ・チャンネル」と呼ばれるFOXニュースの強力なサポートで、世界から顰蹙を買うような無理筋の政策も強引に押し通してきた。が、その「口」がついに塞がれようとしている。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏が、アメリカの重大な変化をリポートする。

 * * *
 11月3日の投票日、テレビ各局が選挙特番で視聴率を競っているなかで、キイ・ステートの一つとされていたアリゾナ州で「トランプ敗北」をいち早く報じたのはFOXニュースだった(この件はすでにNEWSポストセブンでリポートした)。トランプ・チャンネルとまで呼ばれる同局が真っ先にトランプ氏の劣勢を伝えたことに筆者は驚き、その分析を番組で披露した予測チームの責任者アーノン・ミシュキン氏はクビになるのではないかと書いた。案の定、その報道を見てトランプ氏が激怒したという話が翌日の新聞で伝えられた。

 この小さな、しかし明らかに異様な出来事には、後日談と、そして知られざる伏線があったようである。まず後日談だが、トランプ陣営もやはりこの“スクープ”をおかしいと感じたようで、ミシュキン氏について緊急調査が行われた。つまり、「民主党の回し者ではないか」という嫌疑だ。その結果、確かにミシュキン氏は民主党の一部議員に献金していたことがわかった。陣営は、ミシュキン氏が2000年以降、4500ドルを政治献金しており、そのうち500ドルが共和党に、残りの4000ドルが民主党に対するものだったと公表した。

 メディア選挙、メディア政治が意識されるようになったクリントン時代以降、アメリカの政界では、自分に何か不利なことが起きた場合は、素早く行動し、事実を把握し、すぐさま公表することが基本原則になっている。だからこそ、脱税疑惑のトランプ氏が納税記録をいつまでも公表しないことや、バイデン氏がファミリー・ビジネスで不正にカネを受け取っていない証拠を出せないことが有権者の失望を招いているのである。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン