ビジネス

巨大企業「阪急と阪神」の関係が新局面 球団経営に口出しも

阪神最後の砦、タイガースも危うい…?(写真/共同通信社)

阪神最後の砦、タイガースも危うい…?(写真/共同通信社)

 鉄道、百貨店、不動産……様々な部門で“最大のライバル”だった2社が手を組むという関西財界に衝撃を与える経営統合から14年の月日が流れた。ブランドイメージが大きく異なる「阪急と阪神」の関係が、ついに大きな転換期を迎えている。

 シーズン終了前から構想外通告が相次ぐ阪神タイガースだが、その呼び水となったのが“親会社トップ”の一言だった。

「けじめは必要。球団の管理責任は当然、問われますよね」

 選手・スタッフの新型コロナ感染などを受け、球団を傘下に持つ阪急阪神HD(ホールディングス、以下同)の角和夫・代表取締役会長グループCEOは10月8日のサンケイスポーツ大阪版の1面に登場し、「具体的なことは藤原崇起オーナー(阪神電鉄会長)に任せる」としつつも、球団フロントを厳しく批判した。

 この鶴の一声で、翌9日には揚塩健治・球団社長が12月1日付での辞任を電撃発表。関西財界関係者に衝撃を与えた。

 阪急電鉄と阪神電鉄が経営統合して「阪急阪神HD」が誕生したのは2006年10月のこと。「村上ファンド」による阪神電鉄株買収騒動をきっかけに、関西私鉄大手のライバル同士が手を組んだのだ。

「規模は阪急が大きいが、統合以降もある程度は“阪神ブランド”が尊重されてきた。特にタイガースは、『今後10年間、阪急サイドは球団経営にかかわらない』などの条件で合意していた。それが統合から14年にして、阪急電鉄出身の角会長が口を出した。『阪急と阪神』の関係が新たな局面を迎えたのではないか」(地元紙記者)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン