• TOP
  • 芸能
  • 山崎育三郎 「引っ込み思案の子」はなぜミュージカル俳優に

芸能

2020.11.15 11:00  女性セブン

山崎育三郎 「引っ込み思案の子」はなぜミュージカル俳優に

(撮影/平野哲郎)

5kgの減量をして臨んだシーンも(撮影/平野哲郎)

 残り1か月を切り、視聴率もうなぎ上りで、いよいよ大詰めを迎えるNHK連続テレビ小説『エール』で歌手・佐藤久志を熱演している山崎育三郎(31才)。ミュージカルで培ったその歌声を生かし、当たり役といわれるこの役を通じて何を感じたのか──。

 ちょっとキザでええかっこしい。おしゃれなスーツに身を包み、「どうも」と言いながらターンして挨拶し、女性を見ればウインクをする……山崎が演じる佐藤久志は、そんなイメージの男だ。だが一転、久しぶりに登場した第20週(10月26〜30日)では、くたびれた服に身を包み、髪はくしゃくしゃのヒゲ面で、変わり果てた姿になっていた。

「台本に『久志は酒浸りでボロボロになっている』と書かれていたので、説得力を持たせるために、自分を追い込んで実は5kg減量したんです。食事制限をして1日1食しか食べずに、1か月ほどで。だから、視聴者のかたに『あれ? 久志? 人が変わったね』と思ってもらえればうれしいです。

 ただ、ヒゲは別のドラマ〈『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)〉の撮影もあったので、つけヒゲで臨みました。ぼくはヒゲがすぐ伸びるタイプではないので。以前、『昭和元禄落語心中』(NHK)で助六を演じたときは、ヒゲを生やしたんですが、なかなか伸びてこなくて大変でした」(山崎・以下同)

 そんな努力の甲斐あって、視聴者からは「誰かわからなかった」「久志どうしたの?」という驚きの声が上がった。また、この週のクライマックスでは、どん底まで落ちた久志が、甲子園球場で『栄冠は君に輝く』を歌い、涙を誘った。

「あの撮影をしたのは夏でした。ぼくは小学生の頃から野球をしてきたので、高校球児が立つことができなかったグラウンドのピッチャーマウンドに立ち、バッターボックスにいる古山裕一(窪田正孝)に向かって、アカペラで歌ったときは、何ともいえない気持ちになりました」

 そう言って、感慨深げにひと息置き、話を続ける。

「この1年間の思いが走馬灯のようにこみ上げてきて、泣きそうになるのをこらえて必死に歌ったんです」

 本番ではフルコーラスを歌い、NGなしの一発OK。放送後、「感動した」「朝から泣けた」「久志の魂の歌声」という声が溢れていた。

関連記事

トピックス