ビジネス

超ローカル線を走る観光列車「秘境駅号」 不便さが逆に人気

愛知県豊橋市の豊橋駅と長野県辰野町の辰野駅を結ぶJR飯田線の観光列車「秘境駅号」出発式(時事通信フォト)

愛知県豊橋市の豊橋駅と長野県辰野町の辰野駅を結ぶJR飯田線の観光列車「秘境駅号」出発式(時事通信フォト)

 秋の行楽シーズンには紅葉など景色を楽しみたいが、今年は「密」が不安で……という人にうってつけの観光スポットがある。風光明媚な場所にあることが多いが、付近の人家もまばらで鉄道でなければ訪問しづらい「秘境駅」だ。愛知県、静岡県、長野県をめぐり、渓谷を縫うように走る路線として知られるJR東海の飯田線では、その秘境駅を普通に乗車するよりも少し便利になる観光列車の急行・秘境駅号の運行が10周年を迎えた。ライターの小川裕夫氏が、不便を楽しみに変換して提供する「秘境駅号」人気についてレポートする。

 * * *
 東京都は11月19日に新型コロナウイルスの新たな感染者数を534人と発表。過去最多を更新しただけではなく、500という大台を突破してしまった。コロナは感染症という脅威を及ぼすだけではない。その影響は、経済活動・日常生活にも陰を落とし、社会全体が疲弊する。

 特にコロナで苦境に陥っているのが、観光・飲食・鉄道の各業界だ。それらの業界に救いの手をさしのべるべく、政府は7月からGoToキャンペーンを開始した。だが、コロナ第3波のために微妙な雰囲気となり、今は秋の行楽シーズン真っ盛りだというのに観光・鉄道業界には沈滞ムードが漂い始めた。そんな中、JR東海が運行する秘境駅号がこれまでの鉄道旅行とは違った切り口ということで注目されている。

 秘境駅号は、毎年の春と秋に飯田線で運行されてきた。飯田線は愛知県の豊橋駅と長野県の辰野駅とを結ぶ路線で、秘境駅号は飯田線の豊橋駅~飯田駅間を急行列車として運行している。

「飯田線には魅力ある秘境駅が数多く存在しますが、線区の特性上、これらの秘境駅を巡るのは困難でした」と話すのはJR東海広報部東京広報室の担当者だ。

 飯田線は全線を乗り通すと約9時間もかかる路線のため、それが目的で乗車する人を除いて全線を乗り通す利用者は、ほぼいない。つまり全線に乗車するという体験自体が珍しく、さらに、秘境駅と呼ばれる駅がたくさん並ぶので、丁寧に乗車するだけでもレア体験を重ねられる。

 秘境駅とは、山中・山奥にあり駅周辺に人家や商店がまったくなく、道路もないために鉄道を使わなければ到達することが困難な駅をいう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン