• TOP
  • 芸能
  • 上田晋也、北川景子に産後軽視発言 アウトな男性優位の家族観

芸能

2020.11.23 07:00  女性セブン

上田晋也、北川景子に産後軽視発言 アウトな男性優位の家族観

上田

産後軽視発言で女性の反感を買った上田晋也

「自宅のお風呂で、15分間トリートメントをして、パックをしたい」──。うんうん、わかる。子供が小さいとお風呂にゆっくり入る時間なんてないわよね。しかも、生まれたばっかりの赤ちゃんがいたら、シャワーさえ浴びるヒマもないのよ──。

 9月に出産したばかりの北川景子(34才)が『しゃべくり007』(日本テレビ系)で冒頭のように話して、世のママたちの共感を誘った場面。ところが、MCのくりぃむしちゅー上田晋也(50才)はこう一蹴した。

「やれば?」

 はぁ? 上田さん、ぜんぜんわかってない! テレビの前の全国のママたちが一斉にそうツッコんだ。

「子育て中の北川さんが“いまがまんしていること”として『15分もお風呂に入れない。焦って1分くらいで入浴を終えていて、行水みたい』と嘆いたんです。トリートメントとパックをしたいと聞いた上田さんは、“贅沢だ”と思ったのか、笑いを取るつもりだったのか、『やればって感じ』とバッサリ斬った。放送を見て、正直、これは女性視聴者から反感を買うだろうなと思いましたね」(テレビ局関係者)

 北川は笑顔を絶やさず、スタジオも何事もなかったかのように進行したが、ネットは大荒れ。《産後すぐの大変さをまるでわかってない!》《赤ちゃんのお世話は壮絶。自分の時間なんてまったくないのに、お風呂にゆっくり入りたいって言っちゃダメ?》という書き込みが相次いだ。さらに北川が「全然寝られなくて」と語ると、上田が「ご主人(DAIGO)もちゃんと手伝ってくれる?」と聞いたことも火に油を注いだ。

「育児って母親だけがやるものですか? 父親は“手伝う”だけ? 育児は夫婦でやるものというのが、いまや常識ですよ」(30代主婦)

 北川が「(子供が)生まれることがゴールだと思っていたけれど、生まれてからの方が大変」と実感を込めて神妙に語った場面でも、すかさず上田が「当たり前じゃん!」と安易にツッコんだことも、総ブーイングを呼んだ。

「上田さんは九州・熊本出身で、“男性優位の家族観”なのかもしれませんが、笑いを取るにしても、これはアウト。テレビ業界は今年、新型コロナで広告収入が半減。これから厳しい経費削減が始まります。人気MCとして1番組200万円を超えるとされる上田さんのギャラも、このような発言が続くようなら“リストラ対象”になりかねません」(前出・テレビ局関係者)

 まったく笑えない代償を払うことになるかもしれない。

※女性セブン2020年12月3日号

関連記事

トピックス