• TOP
  • 芸能
  • 元中京テレビ市野瀬瞳、35才でフリー転身「悔いのない選択」

芸能

2020.11.24 11:00  女性セブン

元中京テレビ市野瀬瞳、35才でフリー転身「悔いのない選択」

中京テレビで人気番組を担当後、現在フリーに

中京テレビで人気番組を担当後、現在フリーに

 今年4月、中京テレビの局アナからフリーアナウンサーへ転向した市野瀬瞳(35才)。横浜国立大学在学中にテレビ神奈川の女子大生リポーターを務め、卒業後にNST新潟総合テレビへ入社した。

 2012年に中京テレビ放送へ移籍して『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』など人気番組で活躍した後、35才での決断となった。

「たいてい20代でみなさんフリーに転向するので、『35才にもなって遅いよ』『もっと若かった方がよかったんじゃない?』なんて散々言われたものの、アナウンサー人生は一度きり。

 悔いのない選択をしたかったんです。新潟ではアナウンサーがカメラを持って現場へ飛び出し、取材や原稿書きなど貴重な経験もさせてもらいましたが、バラエティーへの憧れが強く転職へ踏み切りました。中京テレビではオードリーさんとお仕事ができて、珍しくアナウンサーが自分の素を出していい番組だったこともあり、充実していたんです。

 ですが私が前のめりで騒がしいタイプなので(苦笑)、『局アナなのに出すぎだ』とお叱りの声が届いたりもして……。私自身は自分を出した方が自然で親しみを感じていただけるんじゃないかと考えていたのですが、“アナウンサー=まじめで清楚”という枠を外れて敬遠されることも少なくなかった。活動の場を広げるためのフリー転身でしたが、いまは自分のキャラ全開でお仕事をさせてもらえて、心から楽しんでいます」

持ち前の負けん気の強さで泥臭く頑張りたい

 フリーアナとなって挑戦したひとつが、局アナ時代にはできなかったYouTubeだ。9月に『newsいっちー』を開設し、絶叫しながら滝行に挑んだり、キレぎみに激辛の食レポをしたりと濃いキャラを炸裂させている。だが、ただ賑やかなだけではなく、激辛の食レポで「辛さとは」と問われると何種類も回答を出すなど、プロ根性も垣間見せる。

「あはは、納得がいくまで何度も答えちゃいましたね。中途半端がいやな負けず嫌いなんです。プライベートでも同じで、激辛店ではいつも最高峰の辛さに挑んでしまう。滝行も初心者の女性はレベル1からと聞きながら、もちろん最高レベルを選択しました。

 チャンネル登録者数が5万人に達したらバンジージャンプに挑戦する話が出ていて、本当は高所が苦手なんですが、自らすっごい高い場所を選ぶと思います。なんでも『やってやったぜ!』という達成感が大きな道を選びたい。持ち前の負けん気の強さで、これからも泥臭く頑張っていきたいです」

関連記事

トピックス