• TOP
  • 芸能
  • JO1河野、與那城、金城が感じたグループの成長とは?

芸能

2020.11.26 16:00  NEWSポストセブン

JO1河野、與那城、金城が感じたグループの成長とは?

JO1

『The STAR』をリリースしたJO1

 2020年3月14日にデビューした11人組グローバルボーイズグループJO1(豆原一成/まめはらいっせい、川尻 蓮/かわしりれん、川西拓実/かわにしたくみ、大平祥生/おおひらしょうせい、鶴房汐恩/つるぼうしおん、白岩瑠姫/しろいわるき、佐藤景瑚/さとうけいご、木全翔也/きまたしょうや、河野純喜/こうのじゅんき、金城碧海/きんじょうすかい、與那城 奨/よなしろしょう)。

 人気サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』を勝ち抜き、11人のメンバーが決定したのが2019年12月11日。まもなく結成1周年を迎え、11月25日にファーストアルバム『The STAR』がリリースされた。取材のたびにパフォーマンスはもちろん、ビジュアル、トークなどもどんどん洗練されていく彼らが、お互いの成長を褒め合うと…。

――今回のアルバムでは、自身のどんな成長を感じることができましたか?

金城碧海:ぼくはボーカルでチームを支えているのですが、歌もダンスも毎回、“得意なこと”よりも “新しいこと”を課題にされるんです。だから正直、自分では成長の手ごたえがないんです。でもメンバーからは「碧海、めっちゃよかったよ」と言ってもらえることも多くて、そこで初めて「成長したのかも」と気づく感じですね。

與那城奨:碧海はよく「高いキーが苦手」って言ってるのですが、ことごとく高いキーにパートをあてられていたんです。でもボーカルレッスンのときに、先生にすごい意欲的に聞いていました。自分でも高いキーを出す努力をした結果、そのキーが出せるようになってきて。そうなるとレコーディングが碧海のペースでできるようになるんですよね。最初はちょっとはがゆい感じに見えたけど、最近は自分の中でも落とし所がわかっている感じで、レコーディングもすごくスムーズになってるなって感じます。

金城:ありがとうございます(はにかむ)。

河野純喜:碧海はJO1の中で“歌の中で演じる”のがいちばんうまいと思う。曲にマッチさせるっていうか、入り込んでるっていうのかわからないですけど、ガチでそう思います。

金城、與那城、河野

金城、與那城、河野

金城:めっちゃうれしいです(かなり照れた様子)。

河野:えーぼく、何かあるかな。わかんないです。

金城:純喜くんの成長ポイント、ありますよ! まじで純喜くんのこと観察するのめっちゃ好きなんですよ。最近はまってるんです。隠し撮りしたりもしています。

河野:それ盗撮やないかい!

金城:そのときに気づくのが、「この人はすげぇ…“自分”をもちつつ、ダンスも歌も成長してる」って。

関連記事

トピックス