• TOP
  • スポーツ
  • フィギュアNHK杯出場の注目男子選手 鈴木明子が紹介

スポーツ

2020.11.27 07:00  女性セブン

フィギュアNHK杯出場の注目男子選手 鈴木明子が紹介

鍵山優真(写真/アフロ)

鍵山優真選手(写真/アフロ)

 コロナ禍により開催が予定されていた大会が次々と中止になるなか、「NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」が11月27 日から開幕! 新たな顔ぶれが揃うこの大会。元オリンピック日本代表選手の鈴木明子さんが選ぶ、“次世代スター”たちをご紹介します。

●闘志を内に秘めた堅実スケーター
鍵山優真選手(17才)
2003年5月5日生まれ、神奈川県出身。星槎国際横浜所属

 2019年に行われた全日本選手権で宇野昌磨選手、羽生結弦選手に続く3位となり、今季シニアデビューした大物ルーキー。1992年アルベールビル五輪と1994年のリレハンメル五輪にフィギュアスケート日本代表で出場した父・正和さんの影響で5才から競技を始め、2種類の4回転ジャンプが武器だ。シニア初参戦となった関東選手権(2020年10月)では世界歴代5位相当となる287.21点で優勝。

「正和さんに似た、ジャンプ着氷時の膝と足首の柔らかさが魅力です」(鈴木・以下同)。

佐藤駿(時事通信フォト)

佐藤駿選手(時事通信フォト)

●4回転ジャンプの精度と成功率が持ち味
佐藤駿選手(16才)
2004年2月6日生まれ、宮城県出身。フジ・コーポレーション所属

 中学3年生で4回転ジャンプを成功させ、2019年ジュニアグランプリファイナルで優勝。同郷の羽生選手に憧れ、演技を研究しているという。「同学年の鍵山選手とは親友でありよきライバルで、お互いに切磋琢磨しています。今季初タッグを組む振付師のもとでは、ジャンプだけでなく表現にも磨きをかけています」

友野一希選手(時事通信フォト)

友野一希選手(時事通信フォト)

●パフォーマンスが魅力の“浪速のエンターテイナー”
友野一希選手(22才)
1998年5月15日生まれ、大阪府出身。同志社大学所属

 エモーショナルな演技で観客を魅了する生粋のエンターテイナー。「後半もスピードの落ちない力強さが特徴。フリースケーティングの『ムーラン・ルージュ』では華麗なステップに注目です」

三浦佳生選手(時事通信フォト)

三浦佳生選手(時事通信フォト)

●急成長中の現役中学生
三浦佳生選手(15才)
2005年6月8日生まれ、東京都出身。KOSE新横浜プリンスFSC所属

 今大会でシニア公式戦デビューを果たす中学生のジュニア選手。「フリースケーティング『ラストサムライ』で2種類の4回転ジャンプを3本跳び、2020東日本選手権ジュニアの部で鮮烈な優勝を飾りました」。

山本草太選手(写真/アフロ)

山本草太選手(写真/アフロ)

●けがを乗り越え続けた努力家
山本草太選手(20才)
2000年1月10日生まれ、大阪府出身。中京大学所属

 3度の骨折を不死鳥のごとく乗り越え、2020西日本選手権で優勝。「ショートプログラム『黒い瞳』は鋭い眼差しや、緩急のある切れ味抜群のステップが見せ場になっています」

【プロフィール】
鈴木明子(すずき・あきこ)/プロフィギュアスケーター。日本代表としてバンクーバー五輪(2010年)、ソチ五輪(2014年)に出場。2014年に競技から現役引退し、現在はアイスショーや講演活動など幅広く活躍している。

※女性セブン2020年12月10日号

関連記事

トピックス