芸能

第7世代の旗手・霜降り明星、「同期芸人」たちの快進撃も凄い

霜降り明星の同期芸人たちも注目(時事通信フォト)

霜降り明星の同期芸人たちも注目(時事通信フォト)

 目覚ましい活躍でお茶の間スターとなった「お笑い第7世代」の芸人たち。「第7世代」という言葉は、大阪のローカルラジオ『霜降り明星のだましうち』(ABCラジオ)における霜降り明星・せいやのコメントがきっかけだった。

 その時の発言は、霜降りが出演していた『新しい波24』や『AI-TV』(いずれもフジテレビ/2017~2018年)での共演メンバーをはじめ、YouTuberなどの同世代クリエーターを巻き込み、シーンを盛り上げていきたいという趣旨のものだった。

 おそらく、せいや自身も「第7世代」という言葉がここまで一人歩きするとは予想していなかったろうが、この言葉によって新たな若手芸人が活躍の場を得たことも事実だ。固定されがちであったお笑いシーンに新たな風を吹かせたことは、一つの功績だろう。

 そんな若手芸人のなかでも、ひときわ活躍が目立つのが、霜降り明星の“同期芸人”たちだ。吉本興業では大阪NSCの33期、東京NSCの16期にあたり(せいや・粗品ともに養成所であるNSCの卒業生ではないが、「NSC33期」と同期扱いとなっている)、他事務所も含めると錚々たるメンバーとなっている。

 代表的な面々には、コロコロチキチキペッパーズ、ゆにばーす、しゅんしゅんクリニックP、女性ピン芸人・堀川絵美(以上、吉本興業)、ハナコ、平野ノラ(以上、ワタナベエンターテインメント)、カミナリ(グレープカンパニー)らがいる。

 これから“ネクストブレイク”するであろう、霜降り同期芸人(大阪NSC33期/東京NSC16期)の面々について、お笑い好きの在阪記者は、こう分析する。

「今、よしもと漫才劇場で好成績を残しているのが、2020年のキングオブコント決勝に出場した『滝音』です。彼らも、南海キャンディーズ・山里亮太や霜降り明星・粗品、あるいは銀シャリ・橋本直のように、ツッコミのワードセンスで笑わせる芸風が魅力。なかでも独特な高音ボイスで、一人称が『あたし』というツッコミ・さすけは大阪大学出身のインテリ芸人でもあります。

 お茶の間のスターになりたい、といった野心は見えず、劇場のトークコーナーでは『お笑いをしている今が幸せ。今まさに芸人になりたいという夢が叶っている状態』と語る謙虚な一面も、他の芸人たちとは違う魅力かもしれません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン