芸能

自称・芸能人の逮捕が相次ぐ裏 コロナで食い扶持に困り転落

パパ活の機会も激減(イメージ)

パパ活の機会も激減(イメージ)

 YouTubeのCMで使われた「好きなことで、生きていく」というスタイルは、誰もが憧れ、それを目指すことを非難する人はいないだろう。だが実現できるのはごく一握りの才能、実力、運を兼ね備えた人だけだ。ほとんどの人は厳しい現実の前に打ちのめされ退場してゆくのだが、煌びやかな部分への未練を断ち切れない人たちがいて、その人たちにつけ込むグループがいる。ライターの森鷹久氏が、最近、相次いでいる元芸能人の逮捕について、彼らの懐事情の変化をレポートする。

 * * *
 特殊詐欺など、組織的に行われているとみられる犯罪で逮捕されるのは、そのほとんどがSNSで集められた名も無き一般人、というのがここ数年の傾向であった。ところがつい最近、元芸能人が犯罪グループの実行犯として相次ぎ逮捕された。一般人よりも顔を他人に知られている可能性が高く、こっそり犯行するのが難しい元芸能人が特殊詐欺に関わるとは考えづらい。だがこれも全て、長引く「コロナ」の影響なのかもしれない裏事情が透けて見えてきた。

 最近、相次いだ元芸能人の逮捕を振り返ってみよう。高齢女性からキャッシュカードを騙し取ったとして11月に逮捕されたのは、民放ドラマにも出演経験のあった女優のX子(20代)。遡ること約3ヶ月前には、人気学園ドラマにも出演していた元男性アイドルのY男(20代)がガス点検を装った強盗、いわゆる「点検強盗」に入ったとして逮捕された。

 X子もY男も、誰もが知る有名人というほど成功したわけではなかったが、ネット上では「あいつじゃないか」と気づかれるほどの知名度はあったようだ。一般人に比べたら、特殊詐欺や強盗などの犯罪はどうしてもやりづらいはず。そもそも、人前に出て顔を覚えてもらう仕事をしていたにも関わらず、なぜ顔を知られていては不都合が多い特殊詐欺や強盗事件に関与してしまったのか。都内の中堅芸能事務所幹部が、芸能以外の仕事で生活の糧を得ていた駆け出し芸能人の食い扶持が、コロナで減っているのではないかと指摘する。

「もともと女優やタレントの卵が、会員制の夜の店で働いたり、パパ活をやったり、デートクラブに登録して手当をもらうことはそんなに珍しいことでもありませんでした。芸能の仕事だけで生きていけるようになるのは一握り、そこにたどり着くまでは何らかの形で金を稼がないとならない。芸能以外の場所で働くにしても他にも仕事があるだろうと思われるかもしれませんが、それがいいとか悪いとかっていうより、コンビニやアパレル店で働くよりも身入りがよく時間に融通がきいて、何より『こっそりバレずにできる』というのが夜の店で働いたりパパ活をする一番の理由です」(中堅事務所幹部)

関連記事

トピックス