• TOP
  • 芸能
  • 『STAND BY ME ドラえもん 2』俳優陣の名演が光る「秘密」

芸能

2020.12.04 16:00  NEWSポストセブン

『STAND BY ME ドラえもん 2』俳優陣の名演が光る「秘密」

おばあちゃん役は宮本信子が熱演

おばあちゃん役は宮本信子が熱演(c)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners.

 ドラえもん50周年記念イヤーである今年、『STAND BY ME ドラえもん 2』の公開が11月20日からスタートした。同映画は、2014年に公開され、興行収入83.8億円を記録した『STAND BY ME ドラえもん』に引き続き、3DCGアニメーションによってドラえもんの世界観を描き出した作品だ。最新作の見どころの一つとして話題になっているのが、豪華俳優陣による名演である。

 物語のベースとなるのは、原作の中でも名エピソードとして名高い「おばあちゃんのおもいで」だ。のび太のおばあちゃん役を演じるのは、ベテラン女優の宮本信子。2013年に公開された映画『かぐや姫の物語』での声優初挑戦に続き約7年ぶりのアニメ映画出演だが、今回も“声の演技”が話題となっている。

 Twitter上では、「おばあちゃん役がハマっている」「宮本信子の演技に引き込まれた」「宮本信子さんがしゃべるだけで泣ける」といった称賛の声が相次いでおり、大人のび太役を演じた俳優の妻夫木聡も「おばあちゃんの声が素晴らしすぎて何度も“ドラ泣き”しまくりでした」と絶賛している。

 そう語る妻夫木の熱演ぶりも目を引く。前作から大人のび太役を続投し、今回は、「自分は愛する人のために何ができるのか」という葛藤を時にコミカルに、時にシリアスに演じてみせた。エンドロールを見て「のび太の声は妻夫木が担当していたのか!」と初めて知って驚いた観客もいたのではないだろうか。

 バカリズムや羽鳥慎一アナウンサーたちもゲスト出演する中、意外な好演だったのが、『にほんごであそぼ』(NHK Eテレ)でおなじみの子役の川原瑛都だ。2017年に放送されたドラマ『カンナさーん!』(TBS系)に出演した際、「天才子役」と話題になっただけあって、本作でも幼少期ののび太役を自然に演じている。

 映画ライターの磯部正和氏は、本作で採用された“プレスコ”という収録の手法が、役者たちの演技を生かしていると指摘する。

関連記事

トピックス