芸能

田中美佐子の告白が波紋「兄はアルコール依存症で死んだ」

生放送でカミングアウト

生放送でカミングアウト

「私は普通の病気よりもはるかに重い病気だと思う」──。11月20日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、アルコール依存症についてこんな感想を述べた田中美佐子(61才)は、続けてこう告白した。

「私、兄がそうだったんですね。すっごい大変だった。今年亡くなっちゃった、この病気で」

 テレビ局関係者が語る。

「もともとは酒気帯び運転で事故を起こした元TOKIOの山口達也さん(48才)の話題でした。そこからアルコール依存症の話になり、田中さんが告白したんです。“(兄の病状は)どんどんひどくなっていって、這ってでもお酒を買いにいった”など、かなり踏み込んだ発言に、司会の坂上忍さん(53才)も驚きを隠せないようでした」

 WHO(世界保健機関)によれば、アルコールによる病気などが原因で世界で年間300万人以上が死亡している。現在、日本ではアルコール依存症の患者数は80万人以上といわれているが、その予備軍も含めると約440万人にもなると推定されている。大船榎本クリニックの斉藤章佳さんが解説する。

「アルコール依存症は、がん、肝硬変、脳萎縮、心不全など、多くの疾患にかかわり、死に至る慢性疾患です。また、原則的には飲酒をやめる以外に“治療法”はありません。近年、女性の患者が増えています。男性に比べて、体内の血流量と筋肉の量が少ないため、アルコールの分解速度が遅く、さらに肝臓が小さいので負担がかかり、10年ほど早く肝硬変に至ってしまうというデータもあります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
江川卓、連続三振にまつわる新事実が明らかに(写真/共同通信社)
《江川卓、1984年オールスター8連続三振》40年目の真実「あの日は肩が痛くなかった」、バッテリーを組んだ中尾が明かす「パスボールしろよ」発言
週刊ポスト
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン