芸能

田中美佐子の告白が波紋「兄はアルコール依存症で死んだ」

生放送でカミングアウト

生放送でカミングアウト

「私は普通の病気よりもはるかに重い病気だと思う」──。11月20日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、アルコール依存症についてこんな感想を述べた田中美佐子(61才)は、続けてこう告白した。

「私、兄がそうだったんですね。すっごい大変だった。今年亡くなっちゃった、この病気で」

 テレビ局関係者が語る。

「もともとは酒気帯び運転で事故を起こした元TOKIOの山口達也さん(48才)の話題でした。そこからアルコール依存症の話になり、田中さんが告白したんです。“(兄の病状は)どんどんひどくなっていって、這ってでもお酒を買いにいった”など、かなり踏み込んだ発言に、司会の坂上忍さん(53才)も驚きを隠せないようでした」

 WHO(世界保健機関)によれば、アルコールによる病気などが原因で世界で年間300万人以上が死亡している。現在、日本ではアルコール依存症の患者数は80万人以上といわれているが、その予備軍も含めると約440万人にもなると推定されている。大船榎本クリニックの斉藤章佳さんが解説する。

「アルコール依存症は、がん、肝硬変、脳萎縮、心不全など、多くの疾患にかかわり、死に至る慢性疾患です。また、原則的には飲酒をやめる以外に“治療法”はありません。近年、女性の患者が増えています。男性に比べて、体内の血流量と筋肉の量が少ないため、アルコールの分解速度が遅く、さらに肝臓が小さいので負担がかかり、10年ほど早く肝硬変に至ってしまうというデータもあります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン