ライフ

全身ユニクロのビジカジコーデ オジサンでも野暮に見せぬ術

ユニクロでビジカジスタイルを揃えるオジサンも増えている(原宿店/時事通信フォト)

ユニクロでビジカジスタイルを揃えるオジサンも増えている(原宿店/時事通信フォト)

 在宅勤務の広がりによってスーツ需要が減り、大手紳士服チェーンは軒並み苦しい経営を強いられているが、代わってオジサン世代でもビジネスカジュアル(ビジカジ)スタイルを取り入れる人が増えている。中でも安価で上下揃えられるユニクロは圧倒的人気だ。ファッションジャーナリストの南充浩氏が、“全身ユニクロコーデ”でも野暮ったく見えないビジカジスタイルの作り方についてアドバイスする。

 * * *
 30代半ば未満の若い男性の方々からはちょっと想像もできないかもしれませんが、完全なるビジネススタイルでもなく、完全なるカジュアルスタイルでもない極めて中途半端な「ビジカジスタイル」というものを作るのは、20年くらい前まではなかなか苦労しました。

 おそらく、ビジカジスタイルに一番親和性が高いのは、アイビースタイルやプレッピースタイルではないかと思いますが、そういうアイビー・プレッピー向けアイテムというのは、まあまあ高い価格のブランドでしか扱われていませんでした。

 ファッションビルや一部の百貨店ブランド、大手セレクトショップあたりが得意としたアイテムでしたが、1アイテム当たりの価格は、シャツやポロシャツ、セーター類などの中軽衣料と呼ばれるジャンルですら、だいたい1万円を越えており、1万円を下回るのはTシャツくらいでした。

 スーツやジャケット、コート、防寒ブルゾンなどの重衣料と呼ばれるアイテムは安くても3万円、平均価格が5万円といったところ。少し背伸びをすれば10万円オーバーになりました。そのため、2000年代半ばまでは、ビジカジスタイルを揃えるのにお金がかかり、よほどの愛好家か、金持ちの道楽かみたいな感じまでありました。

高コスパなユニクロのビジカジアイテム

 しかし、今はユニクロ、無印良品などの低価格ブランドが完璧な出来ではないものの、昔の低価格ブランドに比べるとコスパも高いビジカジ向けアイテムを発売しており、選び方さえ間違わなければ、20年前の半額以下の金額でビジカジスタイルが揃えられる良い世の中になりました。だからアパレル業界は客単価低下に悩んでいるともいえるのですが……。

 これまでユニクロはベーシックな服というスタンスを強調してきましたが、2000年代半ばからデザイナーズコラボを開始し、高感度なイメージも追求し始めました。

 ユニクロのデザイナーズコラボが注目されるきっかけとなったのが、2009年秋冬にスタートしたジル・サンダー氏とのコラボライン「+J」でした。2011年秋冬で終了しましたが、今年11月に9年ぶりに復活を遂げました。

 復活したラインは2009年を大きく上回る盛り上がりを見せ、発売日朝から通販サイトのサーバーは落ち、各ユニクロ店舗には開店前に長蛇の列ができ、入店まで数時間待ちの状態が続きました。発売開始から数日後には完売商品も出てしまい、転売サイトには定価の何倍もの値段が付けられて多数出品されています。

 またこの「+J」と並ぶユニクロのデザイナーズコラボの看板ラインといえば、クリストフ・ルメール氏とのコラボ「ユニクロU」です。もうすっかりユニクロではおなじみとなっています。少し色や柄に個性があるのが、JWアンダーソンとのコラボで、こちらも今秋も引き続き展開されています。

関連キーワード

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン