ビジネス

USJを復活させた凄腕マーケターが語る「テーマパーク再生術」

「株式会社 刀」代表取締役CEOの森岡毅氏

「株式会社 刀」代表取締役CEOの森岡毅氏

 森岡毅氏が“凄腕マーケター”として名を馳せたのは、低迷していた大阪のテーマパーク「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)」を驚異的なV字回復に導いてからだ。

 USJは約20年前の2001年に開園。森岡氏は2010年にUSJ入りしたが、その前年は年間入場者数が700万人台前半まで落ち込んでいた。ところが2011年から入場者数は増加に転じ、2014年に「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の新プロジェクトが完成するや大ブレイク。入場者数は森岡氏が在籍した6年半の間でほぼ倍増の1460万人まで伸びた。

 森岡氏はその後2017年に独立し、マーケティング会社の「刀」を設立。目下、刀が取り組んでいるビジネスの1つが、2021年春に開園を控える西武園ゆうえんち(埼玉県・所沢市)のリニューアルプロジェクトである。

 園内には1960年代をイメージした“あの頃の日本”の町並みを高いクオリティで再現、圧巻のライブパフォーマンスと壮大なインタラクションに巻き込まれ、「心あたたまる幸福感」に満たされる場所に生まれ変わるという。

 USJと同じテーマパーク、そして実に70年の歴史を刻んできた西武園ゆうえんちを、森岡氏や刀の精鋭メンバーがどう再生させるのかに注目が集まっている。そこで、当サイトは森岡氏に単独インタビューを敢行。自信のほどを聞いてみた──。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン