ビジネス

USJを復活させた凄腕マーケターが語る「テーマパーク再生術」

「株式会社 刀」代表取締役CEOの森岡毅氏

「株式会社 刀」代表取締役CEOの森岡毅氏

 森岡毅氏が“凄腕マーケター”として名を馳せたのは、低迷していた大阪のテーマパーク「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)」を驚異的なV字回復に導いてからだ。

 USJは約20年前の2001年に開園。森岡氏は2010年にUSJ入りしたが、その前年は年間入場者数が700万人台前半まで落ち込んでいた。ところが2011年から入場者数は増加に転じ、2014年に「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の新プロジェクトが完成するや大ブレイク。入場者数は森岡氏が在籍した6年半の間でほぼ倍増の1460万人まで伸びた。

 森岡氏はその後2017年に独立し、マーケティング会社の「刀」を設立。目下、刀が取り組んでいるビジネスの1つが、2021年春に開園を控える西武園ゆうえんち(埼玉県・所沢市)のリニューアルプロジェクトである。

 園内には1960年代をイメージした“あの頃の日本”の町並みを高いクオリティで再現、圧巻のライブパフォーマンスと壮大なインタラクションに巻き込まれ、「心あたたまる幸福感」に満たされる場所に生まれ変わるという。

 USJと同じテーマパーク、そして実に70年の歴史を刻んできた西武園ゆうえんちを、森岡氏や刀の精鋭メンバーがどう再生させるのかに注目が集まっている。そこで、当サイトは森岡氏に単独インタビューを敢行。自信のほどを聞いてみた──。

関連記事

トピックス