ビジネス

コロナ窮地だからこその社長交代で反転攻勢 パナ、花王、NEC

パナソニックの社長交代会見で握手する津賀一宏社長(左)と次期社長に内定した楠見雄規氏(写真/共同通信社)

パナソニックの社長交代会見で握手する津賀一宏社長(左)と次期社長に内定した楠見雄規氏(写真/共同通信社)

 業界によっては売り上げが9割減というコロナ苦境にあえぐなか、有名企業が経営トップ交代に踏み切っている。逆境打開の重責を任されたと考えるか、それとも貧乏くじか――。

 窮地だからこその反転攻勢としてトップ交代に打って出た企業もある。9年ぶりに第1四半期(2020年4~6月)の純損益が98億円の赤字に転落したパナソニックでは、現在の津賀一宏社長に代わり、常務執行役員で社内カンパニーのオートモーティブ社の社長を務めている楠見雄規氏が来年6月から社長に就任する。社長交代は9年ぶりだ。月刊誌「経済界」編集局長の関慎夫氏が語る。

「パナソニックの社長は3代前まで6年ほどで交代してきたが、津賀氏は9年間も社長の座にいた。会社を成長軌道に乗せて勇退するというプランを描いていたはずですが、逆にこの2年で業績は悪化した。おそらく津賀氏にとっては“無念の交代”でしょう。

 後任の楠見氏は、赤字続きだった自動車関連の事業を黒字が見えるところまで伸ばしたことが評価された。“理論派”とされ、思い切ったこともできるタイプ。大胆な改革が期待できます」

 家電ではなく自動車関連から社長を出したところに、パナソニックの“脱家電”の意志が表われているようだ。

 花王も8年半ぶりの社長交代を決めた。専務執行役員の長谷部佳宏氏が来年1月1日付で社長に昇格し、澤田道隆社長は代表権のない会長になる。

「長谷部氏は、退任する澤田氏を“兄貴”と呼んでいるそうで、この社長交代は規定路線です。コロナの影響で外出が減り、化粧品部門の業績が悪化したので、新年から新社長で巻き返すという狙いなのかもしれません」(同前)

 新社長となる長谷部氏は、社長交代の発表会見で「この大転換期に澤田社長からのバトンを受けないわけにはいかない」と心境を語った。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン