ライフ

【森永卓郎氏書評】竹中平蔵氏の正体を知る最適の解説書

『竹中平蔵への退場勧告』著・佐高信

『竹中平蔵への退場勧告』著・佐高信

【書評】『竹中平蔵への退場勧告』/佐高信・著/旬報社/1300円+税
【評者】森永卓郎(経済アナリスト)

 最近、竹中平蔵氏のプレゼンスが高まっている。言うまでもなく、菅政権のブレーンとして、竹中氏が復権しているからだ。本書が緊急出版されたのは、そうしたことが背景にあるのだろう。

 本書は、全編にわたって竹中批判で埋め尽くされている。これまで一貫して竹中批判を繰り返してきた著者の蓄積が活かされた形だ。その舌鋒は鋭く、読んでいて痛快そのものだ。そして、ネーミングがうまいのも著者の特長だ。「マック竹中」、「パソナ平蔵」というのは、著者の造語だ。

 日本マクドナルドの創業者である藤田田氏に取り入ることで、傘下のフジタ未来経営研究所の理事長に就任し、マクドナルドの未公開株を譲り受けた。パソナの南部靖之代表に取り入り、会長職に就任し、報酬は一億円と言われると本書は指摘する。有価証券報告書に報酬の記載がないので、報酬が一億円を下回ることは確実だが、一流企業の会長なのだから、それなりの報酬を得ていることは間違いないだろう。

 竹中氏本人によると、南部代表とは、たまたま飛行機で隣合わせになったことで知り合い、同じ関西人として意気投合したということなのだが、本書も権力者に取り入る稀有な才能を指摘している。

 竹中氏本人が私腹を肥やすだけならまだよいのだが、竹中氏は国の政策決定に強い影響力を持っている。その政策によって竹中氏のお仲間が潤い、多くの国民にツケが回っているというのが、本書が描き出す基本構造だ。

 しかも、それは今も続いている。11月28日の「朝まで生テレビ!」で竹中氏は、「コロナで困窮する大企業を支援するため、産業再生機構のような仕組みを準備すべき」と発言した。官製ハゲタカを作って、小泉内閣の不良債権処理の再現をしようというのだ。

 本書は、竹中氏の正体を知るために、最適の解説書だと私は思う。ここに書かれていることは、真実だと思うが、竹中氏が異議を唱えるのであれば、著者を名誉棄損で訴えるべきだろう。そうすれば法廷ですべてが明らかになるからだ。

※週刊ポスト2020年12月25日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン