ビジネス

2020年重大ニュース10【ビジネス】ゴーン氏会見を現地から速報

会見40分ほど前には約120席の椅子が満席に

会見40分ほど前には約120席の椅子が満席に

 2020年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2020年の「重大ニュース」を厳選した(姉妹サイト『マネーポストWEB』の記事を含む)。ここでは【ビジネス】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)

ビジネス編1~3位

【1位】

■ゴーン氏会見場内から現場報告 限られた日本メディア参加へ(1月)

会見に入れなかったメディア関係者も大勢集まった

会見に入れなかったメディア関係者も大勢集まった

「これはビックリしましたね~! でも、これも今年のことなんですよ! このタイトルの鍵は『限られた日本メディア』です。新聞社は朝日新聞、テレビ局は『ワールドビジネスサテライト』のテレビ東京。ここまでは、まぁ分かります。しかし、出版社が小学館ということで、ネット上では多くの人が困惑のコメントを寄せていました。日本の出版社の代表として会見場内に入った小学館は独自取材を敢行し、NEWSポストセブンからリアルタイムで配信し続けました」

【2位】

■コンビニのおにぎり「小さくなった」疑惑は本当だった!?(マネーポストWEB・10月)

コンビニの「おにぎり小型化」疑惑の真相は?

コンビニの「おにぎり小型化」疑惑の真相は?

「世の中の人が疑問に感じていることはキチンと検証をし、当事者に問い合わせることによって真実となります。一見おちゃらけた記事に見えるかもしれませんが、キチンとした検証記事であります。また、企業による『ネットユーザーが納得しない苦しい言い訳』をせざるを得ない事情も、なんとなく伝わってきました」

【3位】

■「私たちの勝ちですよ」休業を選んだパチンコ店幹部は言った(5月)

緊急事態宣言が解除された地方ではさっそくパチンコ店が営業再開(時事通信フォト)

緊急事態宣言が解除された地方ではさっそくパチンコ店が営業再開(時事通信フォト)

「実はこれについて、私は“痛快”と思いました。社会全体(というかテレビ世論)が、『パチンコ=クラスター発生装置論』を言い出した後に、『別にパチンコ店に来てる客って喋らないだろ?』と思い、テレビがいかにしてパチンコを悪者にし続けるかを注視していました。そんな矢先のこの記事。結局、現段階でパチンコ店でのクラスターは発生しておらず、散々パチンコ店を悪者として報道し続けたテレビの謝罪もないようです」

以下、4~10位

【4位】■ネスレ「ミロ」売り切れ続出の背景 “大人の女性”が目をつけたワケ(マネーポストWEB・11月)

【5位】■冬のボーナス各企業の悲痛 ANA乗務員「まさかバイトするなんて…」(マネーポストWEB・10月)

【6位】■口コミサイト「最低評価」の宿 オーナー&女将たちの主張は(マネーポストWEB・7月)

【7位】■飲食店関係者がコロナ禍で気づいた「無駄だった慣習」の数々(マネーポストWEB・6月)

【8位】■ビジネスホテルのテレワーク向けプラン「コロナ不倫」だらけ(4月)

【9位】■出社せぬまま初任給… コロナ禍の新入社員たちの不安とモヤモヤ(マネーポストWEB・5月)

【10位】■接客で飲酒漬けのホストが肝硬変一歩手前に 労災適用されるか(マネーポストWEB・2月)

関連記事

トピックス