• TOP
  • 国際情報
  • ゴーン氏会見場内から現場報告 限られた日本メディア参加へ

国際情報

2020.01.08 21:00  NEWSポストセブン

ゴーン氏会見場内から現場報告 限られた日本メディア参加へ

会見40分ほど前には約120席の椅子が満席に

会見40分ほど前には約120席の椅子が満席に

 レバノンに出国した日産の元会長カルロス・ゴーン氏が、日本時間1月8日22時(現地時間:同15時)から記者会見を開く。会見に参加するレバノン現地取材班は受付を済ませ、会場内に入った。

 会場は、レバノンの首都・ベイルート中心部から車で10分くらいの場所にあるレバノンプレスクラブ。3か月ほど前に建てられたばかりの新しいビルだ。事前の情報では全世界の約80媒体、120人ほどのメディア関係者が参加するとされていた。日本からは朝日新聞、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)、そして我々、週刊ポスト・NEWSポストセブン合同の取材班などといった限られたメディアが会見場内に入った。

 会場前には数時間前から会見に参加するメディア、参加が許されなかったメディア問わず、数多くの報道関係者が集まり、その中にはMCを務める『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)のオンエアを欠席してレバノンに駆け付けた安藤優子キャスターの姿もあった。

 約2時間前となる日本時間20時ごろ(現地時間13時ごろ)から参加メディアの呼び出しが始まった。名前を呼ばれると、本人確認のあとビルに入り、金属探知機のゲートを通る。その後、さらに入念に一人ずつ荷物の中身も確認されるボディチェックを受けた。二重のセキュリティチェックで、現場はものものしい雰囲気だ。

関連記事

トピックス