芸能

M-1、半沢、白戸家…上戸彩はなぜピンポイントで結果残せるか

堺夫妻の自宅を訪れたという

確実に結果を残す上戸彩

 2020年も多くの女優がドラマ、映画、CMなどで活躍したが、上戸彩(35才)もその1人だ。子育てを続けながらの活動だからか、出演機会は決して多くないものの、起用された作品などで確実に話題を集めてきた。上戸がピンポイントで結果を残せる理由について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 現在、ソフトバンクの新作CM「5Gってドラえもん?『未来のしずか登場』篇」が放送され、“未来のしずかちゃん”を演じる上戸彩さんの姿が話題を集めています。

 上戸さんは、グレーのブレザー、白のブラウス、チェックのスカート、紺のハイソックスという制服姿に、髪形はピンクのゴムで結んだツインテールで登場。白戸家の「アヤ」と一人二役を演じ分けています。

 上戸さん本人はメイキング映像で女子高生姿について、「痛いなと思います」「恥ずかしい」と照れていました。しかし、35歳とは思えないほど似合っているという声のほうが多く、「(ドラマ名をもじって)リアル“35歳の少女”」などの絶賛が集まっています。

 また、上戸さんと言えば、20日夜に放送された『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)で司会を務め、ここでもネット上で話題を集めました。今や12月の風物詩と言われる生放送番組であり、「今年も上戸彩が優勝」「上戸彩のショートカット最高」などの声で盛り上がっていたのです。

 さらにさかのぼること数か月、夏にはドラマ『半沢直樹』(TBS系)で主人公の妻・半沢花を担当。池井戸潤さんの原作小説で花は登場しないにもかかわらず、続編にも起用され、各話に登場していたことからも、人気キャラクターであった様子がうかがえます。

戦いの緊張感をやわらげ、癒す存在

 特筆すべきは現在、上戸さんが子育て中心の生活を送りながら、ピンポイントで仕事をしていること。上戸さんは2015年8月に女児、2019年7月に男児を出産しましたが、手のかかる時期だけにかつてのような仕事量は難しいのでしょう。しかし、ピンポイントの出演でもインパクトを残して話題になり、活動ペースを落としていることを感じさせません。

 では、なぜ上戸さんはピンポイントの出演でインパクトを残せるのでしょうか。前述した今年の出演作を見ると、その理由が浮かび上がってきます。

 ソフトバンクのCMで演じた『ドラえもん』のしずかちゃん、『M-1グランプリ』の司会、『半沢直樹』の半沢花。いずれも男性の多いコンテンツの中で、“紅一点”的なポジションを担っているのです。また、後者2つは主に男性たちの緊張感あふれる戦いの場であり、上戸さんの存在がホットひと息つくような癒しを感じさせていることがわかるでしょう。

 実際、『ドラえもん』では、しずかちゃんの登場シーンでジャイアンやスネ夫がのび太をいじめるシーンは少なく、半沢直樹は仕事を終えて家に帰ると柔和な顔になり、『M-1グランプリ』の出場者や審査員が上戸さんのナチュラルな笑顔に癒されていることを何度も明かしています。

 その上で重要なのは、上戸さんの存在や言動が「本編を邪魔することがない」こと。たとえば上戸さんが悪目立ちして、のび太とドラえもんの物語、半沢直樹が悪人と戦う物語、芸人たちの漫才バトルを邪魔するようなシーンがないから、男性視聴者から支持され、女性視聴者からも嫌われにくいのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン