芸能

M-1、半沢、白戸家…上戸彩はなぜピンポイントで結果残せるか

堺夫妻の自宅を訪れたという

確実に結果を残す上戸彩

 2020年も多くの女優がドラマ、映画、CMなどで活躍したが、上戸彩(35才)もその1人だ。子育てを続けながらの活動だからか、出演機会は決して多くないものの、起用された作品などで確実に話題を集めてきた。上戸がピンポイントで結果を残せる理由について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 現在、ソフトバンクの新作CM「5Gってドラえもん?『未来のしずか登場』篇」が放送され、“未来のしずかちゃん”を演じる上戸彩さんの姿が話題を集めています。

 上戸さんは、グレーのブレザー、白のブラウス、チェックのスカート、紺のハイソックスという制服姿に、髪形はピンクのゴムで結んだツインテールで登場。白戸家の「アヤ」と一人二役を演じ分けています。

 上戸さん本人はメイキング映像で女子高生姿について、「痛いなと思います」「恥ずかしい」と照れていました。しかし、35歳とは思えないほど似合っているという声のほうが多く、「(ドラマ名をもじって)リアル“35歳の少女”」などの絶賛が集まっています。

 また、上戸さんと言えば、20日夜に放送された『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)で司会を務め、ここでもネット上で話題を集めました。今や12月の風物詩と言われる生放送番組であり、「今年も上戸彩が優勝」「上戸彩のショートカット最高」などの声で盛り上がっていたのです。

 さらにさかのぼること数か月、夏にはドラマ『半沢直樹』(TBS系)で主人公の妻・半沢花を担当。池井戸潤さんの原作小説で花は登場しないにもかかわらず、続編にも起用され、各話に登場していたことからも、人気キャラクターであった様子がうかがえます。

戦いの緊張感をやわらげ、癒す存在

 特筆すべきは現在、上戸さんが子育て中心の生活を送りながら、ピンポイントで仕事をしていること。上戸さんは2015年8月に女児、2019年7月に男児を出産しましたが、手のかかる時期だけにかつてのような仕事量は難しいのでしょう。しかし、ピンポイントの出演でもインパクトを残して話題になり、活動ペースを落としていることを感じさせません。

 では、なぜ上戸さんはピンポイントの出演でインパクトを残せるのでしょうか。前述した今年の出演作を見ると、その理由が浮かび上がってきます。

 ソフトバンクのCMで演じた『ドラえもん』のしずかちゃん、『M-1グランプリ』の司会、『半沢直樹』の半沢花。いずれも男性の多いコンテンツの中で、“紅一点”的なポジションを担っているのです。また、後者2つは主に男性たちの緊張感あふれる戦いの場であり、上戸さんの存在がホットひと息つくような癒しを感じさせていることがわかるでしょう。

 実際、『ドラえもん』では、しずかちゃんの登場シーンでジャイアンやスネ夫がのび太をいじめるシーンは少なく、半沢直樹は仕事を終えて家に帰ると柔和な顔になり、『M-1グランプリ』の出場者や審査員が上戸さんのナチュラルな笑顔に癒されていることを何度も明かしています。

 その上で重要なのは、上戸さんの存在や言動が「本編を邪魔することがない」こと。たとえば上戸さんが悪目立ちして、のび太とドラえもんの物語、半沢直樹が悪人と戦う物語、芸人たちの漫才バトルを邪魔するようなシーンがないから、男性視聴者から支持され、女性視聴者からも嫌われにくいのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン