芸能

サザン、尾崎豊を輩出した青学 その土壌を作った筒美京平さん

早見優、岩崎宏美

筒美京平さんの楽曲でヒットを飛ばした早見優、岩崎宏美が想い出を語る

 2020年10月7日、誤嚥性肺炎により逝去した筒美京平さん(享年80)。青山学院大学の大先輩でもある名作曲家の訃報に放送作家でコラムニストの山田美保子さんにとっても、ショックが大きかったという。

 そんな筒美さんの楽曲を見事に歌いこなし、大ヒットを生んだのが岩崎宏美(62才)と早見優(54才)。山田さんが2人の歌手を招いて、筒美さんとの想い出を語ってもらった。

サザンや尾崎を排出した青学の土壌は先生が作った

山田:筒美先生との最大の想い出をお聞かせいただけますか?

岩崎:やはりレコーディングですね。ロサンゼルスで先生のお誕生会をしたこともありました。先生はとにかくオシャレでいらして、ダブルのスーツに太めのネクタイが本当にお似合いだったんです。それも黒とか紺ではなくて、茶のツイードにからし色のパンツを合わせていらして、靴は必ず焦げ茶。でもサイズが24.5cmくらいと小さくて、「なかなか数が入って来ないから、いつも田邊の昭ちやん(田邊昭知さん=田辺エージェンシー代表取締役社長)と取り合いになるのよ」と(笑い)。

山田:オシャレなかただったというエピソードは本当に多いですよね。実は私は青山学院の初等部から大学までの後輩なので、学校から届く冊子に出ていらした先生の写真を拝見して、なんて素敵な先輩なんだろうと。青学はサザンオールスターズや原田真二サン(62才)、尾崎豊さん(享年26)、Dragon Ashなどなど多くの著名なミュージシャンが在学していたんですけれど、そうした土壌も先生が作ってくださったのだと信じています。

岩崎:白のメルセデスに乗っていらしたのもカッコよかったですよ。実は先生は免許をお取りになったのが遅くて、私と仮免許取得の時期が同じだったんです。晴れてふたりとも、免許を取ることができて青山通りなんかですれ違って「先生~~」って声をかけると、すっごくうれしそうな顔をなさって。シャイだけれど、とってもチャーミングなかたでもありましたね。

山田:クルマに関しては、先生の訃報に際して『ラブ・シュプール』『抱きしめてTONIGHT』など約50曲もの楽曲提供を受けた田原俊彦サン(59才)がブログで「品のあるたたずまい」「真っ黄色なポルシェに乗って颯爽と帰っていく」と綴られていました。

早見:うらやましい。トシちゃんとはデビューが2年しか違わないのに、私は先生にお会いしたことがなくて。

岩崎:エ~~~ッ!

早見

筒美さんとの対面は実現しなかったと明かした早見優

構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

撮影/田中智久

※女性セブン2021年1月7・14日号

筒美京平さんの思い出を語る岩崎宏美

筒美京平さんの思い出を語る岩崎宏美

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト