• TOP
  • 芸能
  • 川口春奈のYouTube「ミカン剥いて600万再生」の破壊力

芸能

2020.12.31 07:00  NEWSポストセブン

川口春奈のYouTube「ミカン剥いて600万再生」の破壊力

(時事通信フォト)

女優YouTuberとしても大躍進(時事通信フォト)

 もはや芸能人YouTuberは当たり前の存在となり、ちょっとやそっとの人気者がYouTubeに参入したところで世間は驚かない。そんな状況の中、一気に人気YouTuberへの道を駆け上ったのが女優・川口春奈だ。

 2020年1月末に開設された公式チャンネル「はーちゃんねる」の登録者数は123万人を超え、50本足らずの投稿動画の総再生回数は6120万回を突破した。(※全て2020年12月22日時点の数値。以下同)。

 いくら人気女優といえども、YouTubeで成功できるかは、また別の話。長谷川京子のチャンネル登録者数が12.5万人、島崎遥香28.7万人、柴咲コウ22.8万人、仲里依紗97.7万人……といった数と比べていくと、いかに「はーちゃんねる」の勢いが凄まじいかわかるだろう。そもそもチャンネル登録者数100万人を超える女優YouTuber自体が希少なのだ。本田翼の219万人を筆頭に、白石麻衣(124万人)と川口がほぼ同数というのが現在の勢力図となっている。

 早くも女優YouTuberのトップの一角となった川口。その動画内容は、「激辛メニューを食べる」「メイク術を指南する」「モーニングルーティーン(目覚めてからの朝の準備を撮影した動画のこと)」といったYouTubeの定番テーマを押さえつつ、雑誌撮影の裏側に迫ったり、出演ドラマ『極主夫道』(日本テレビ系)について語ったり、芸能人ならではの動画も公開している。

 HIKAKINやKREVA、仲里依紗など他の人気者たちともコラボしており、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の撮影と並行して行われていたとは、にわかに信じられないほどのYouTubeへの力の入れようだ。

 様々なテーマの動画が投稿されている「はーちゃんねる」だが、その中でも2020年2月に投稿された「実家でお母さんに会ってきた!【Vlog】」と「実家でまったり過ごします!【Vlog】」は圧倒的な再生回数(いずれも600万回以上)を誇っている。

関連記事

トピックス