ライフ

【関川夏央氏書評】インプットばかりで精神が便秘状態の現代

作家の関川夏央氏

作家の関川夏央氏が注目の本を紹介

【書評】『自分の薬をつくる』/坂口恭平・著/晶文社/1500円+税
【評者】関川夏央(作家)

 二〇二〇年はコロナの年。それから「心の病気」の年? 双極性障害(躁鬱病)、自律神経失調症などに加え、今年の「流行」はADHD(注意欠如・多動性障害)を含む発達障害のようだ。

 自分は病気? と不安に思う人々があふれる原因のひとつは情報過多だろう。ネットでついつい、病気・不安の「まとめサイト」を見てしまう。すると誰でも、多かれ少なかれ当てはまる。医者だけが病名をつけるのではない。本人もつける。病名がつけば病気になる。

 自身も相当振れ幅の大きな双極性障害を病む坂口恭平が、『自分の薬をつくる』と名づけた演劇ワークショップ(実験上演)を行ない、その記録を本にした。ほんとうに薬品をつくるのではない。気の持ちようと生活習慣をかえること、それから「アウトプット」することが「自分の薬」である。

 現代では、いくらでも情報をインプットできる。しかしアウトプットしない。食べても出さないのとおなじで、精神はつねに便秘状態、体内に「声にならない声」(不満・悲鳴)がたまる。それをアウトプット(解放)してやる。内心の声(幻聴)の記録、実現しない趣味の壮大な企画書、何でもいい。

 集中、一途、頑張りは体によくない。実現をめざすのもよくない。「多彩に多様に中途半端に(笑)、充実してみましょう。体はとても落ち着くはずです」という坂口恭平が「医者」役をつとめ、二十二人を一人ずつ「診察室」に呼んで話しあう。相手は「患者」役だが、病気の人を集めたわけではないのに、みな不安な心情と自意識の傷を持つ。

 それをホワイトボードで仕切っただけ、「ダダ洩れ」の「待合室」で他の患者たちが聞いている。そこがミソだ。他者の相談を聞くと、本人の深刻さと第三者の評価の落差がよく見える。自分の悩みも。この本は、悩み苦しむ現代日本人の実像を軽快にえがいている。なぜ人間に「演劇」が必要とされてきたか、その理由もよくわかる。

※週刊ポスト2021年1月1・8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン