• TOP
  • 国内
  • 山本太郎氏「コロナに打ち克った証としての五輪」は寝言でしかない

国内

2021.01.05 07:00  週刊ポスト

山本太郎氏「コロナに打ち克った証としての五輪」は寝言でしかない

山本太郎氏は五輪開催についてどう考える?(時事通信フォト)

山本太郎氏は今年の五輪開催についてどう考える?(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、2021年に開催が延期となった東京五輪。しかし、そもそも“開催すべきかどうか”という点で、世間の声も分かれている。「五輪中止」を主張する、れいわ新選組代表の山本太郎氏の見解を聞いた。

 * * *
 昨夏の東京都知事選出馬でも五輪中止を公約に掲げましたが、この冬のコロナ第3波でその思いはより強まりました。

 これだけ感染が拡大している中で強行開催するのなら「具体的な感染予防策」「医療体制の抜本的な増強」など対策をひとつひとつ明示して国民を納得させるという作業が必要でした。

 しかし政府はまるで無策。すでに医療崩壊が迫っている都市もある。この状況で「コロナに打ち克った証として開催する」という主張は寝言でしかありません。

 確かに日本は諸外国に比べて感染者数も死亡者数も少ないですよ。しかしその理由を明確に説明できる人がいますか? 単にラッキーだっただけですが、その奇跡的に与えられた猶予さえ活かさなかった。

「ワクチンが普及するから大丈夫」という主張も情けないですね。ただ製薬会社の成果に身を委ねるだけ。

 コロナで職を失い、困窮している人がたくさんいる。なのに五輪に3000億円近くの追加費用を投入することがポンと決まってしまう。庶民にカネを渡すのは躊躇するが、何かしら自分たちに環流できそうなカネなら大盤振る舞い。

 そもそも今回の五輪は「震災復興のため」としてスタートしましたが、そんな理念はただの建前です。誘致の際に一番急がなければならなかった原発事故の収束や被災者支援は蔑ろにされ、いまだ復興は進んでいない。そしてコロナ対策でも同じことが起こっている。誰のための五輪なのか理解に苦しみます。即刻中止すべきです。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

「開催しないということのお考えを聞いてみたいぐらいだ」と語った二階俊博幹事長(時事通信フォト)

「開催しないということのお考えを聞いてみたいぐらいだ」と語った二階俊博幹事長(時事通信フォト)

関連記事

トピックス