国内

新型コロナワクチンの安全性 高齢者の臨床試験が少なく不安点も

専門家は新型コロナウィルスのワクチンについてどう考える?(AFP=時事)

専門家は新型コロナウィルスのワクチンについてどう考える?(写真/AFP=時事)

 感染拡大を抑えるために、日本でも新型コロナワクチンの接種が始まる。各自治体は2月下旬の接種体制確保を目指し、準備を進めているが、副反応への懸念の声も少なくない。そんな新型コロナワクチンについて、新潟大学医学部名誉教授の岡田正彦氏に聞いた。

 * * *
 私はそもそも製薬企業の臨床試験自体に大きな疑問を持っています。

 通常、臨床試験は第I相から第III相まで3段階ありますが、今回は時間短縮のため2段階にしている。評価期間も短いため、副反応の確認が不十分です。

 アナフィラキシーショックを起こしやすい子供や高齢者が臨床試験にほとんど参加していない点も心配です。たとえばファイザー社で検査対象となった65~85歳の高齢者は、2種類のワクチンで45人ずつ。71歳以上を高齢群としたモデルナ社は20人、70歳以上を高齢群としたアストラゼネカ社は46人を調べただけです。

 すでに接種を開始したイギリスなどに倣い、日本でも高齢者から接種するよう準備を進めていますが、これほどデータが少ないのに“高齢者優先”でいいのか。

 そして最大の懸念は、どの製薬会社のワクチンも、インフルエンザワクチンのようなタンパク質由来のものではなく「mRNAワクチン」やDNAを組み込んだ「ウイルスベクターワクチン」であること。人工遺伝子にコロナウイルスの一部を合成させ、体内で抗体ができることを期待するというタイプのワクチンです。

 今まで人類が経験したことのない新型ワクチンなのだから、発がん性などを確認するため5年以上は追跡調査をするべきでしょう。

 ワクチン接種で得られる抗体の効果は3か月程度で半減するという研究もあります。未知のワクチンを3か月に1度接種しなければならないというのは、恐怖でしかありません。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

新潟大学医学部名誉教授の岡田正彦氏

新潟大学医学部名誉教授の岡田正彦氏

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン