スポーツ

菅野はメジャーで通用する? 問題はスタミナと「本格派」のプライド

菅野投手のメジャー挑戦に専門家はどう見る?

菅野投手のメジャー挑戦に専門家はどう見る?

 今オフ、メジャーへのポスティング移籍を目指す巨人・菅野智之投手。セ・リーグでは絶対的存在だっただけに、MLBで活躍できるかどうかは、コアな野球ファンのみならず、議論の的である。野球評論家・前田幸長氏は「通用する」と見ている。

「菅野の多彩な変化球はどれもメジャーで十分通用する。最大の武器は『コントロール』です。あの緻密な制球力と粘り強さで攻めればメジャーの打者も面食らうはず。

 メジャーで成功した日本人投手の多くがフォーク系の決め球を持っており、菅野にはそれがないという指摘もあるが、彼のスライダーなら十分代わりになる。右打者の胸元にシュート系のツーシームを投げ込みますが、これも効果的でしょう。

 同じくツーシームが武器の田中将大は1年目に13勝を挙げました。同じくらいの活躍は期待できる。懸念を挙げるなら、長距離移動と中4日のローテーションに耐えられるスタミナがあるかどうかですね」

 一方で、高橋直樹氏(野球評論家)は厳しい見方を崩さない。本格派のプライドを捨てなければ通用しないと見る。

「菅野は日本シリーズ第1戦でソフトバンク打線に打ち込まれました。巨人、そしてセ・リーグのエースとして、小細工なく立ち向かったことが裏目に出た。

 メジャーの選手はパワー、そしてテクニックもソフトバンク打線より上です。日本では剛速球でも向こうでは普通の直球。

 菅野には打者の手元でホップするストレートも、野茂英雄や大魔神・佐々木主浩のような鋭いフォークもない。とくにストンと落ちる決め球がないのが痛い。『日本のエース』とか『本格派投手』というプライドを捨て、『かわす技術』に特化したほうがいい。投球リズムなども一球一球変えていくべきだと思いますね」

※週刊ポスト2020年1月15・22日号

菅野は

名投手がひしめくメジャーで戦うには…

野球評論家・前田幸長氏(時事通信フォト)

野球評論家・前田幸長氏(時事通信フォト)

関連キーワード

関連記事

トピックス