ライフ

2021年大予測カレンダー 所沢市が若者の人気スポットになる?

誰もが

開園70周年を迎えた『西武園ゆうえんち』が約100億円を投じてリニューアル

 新型コロナウイルスのワクチン接種が海外で始まり、春には日本にも……という明るい兆しとともに迎えた2021年。何といっても東京五輪が開催されれば、メインイベントになることは間違いないが、それ以外にも下記カレンダーのように、さまざまな予定が組まれている。

 まず、制度面では1月1日施行の「改正育児・介護休業法」と、4月1日施行の「雇用保険法等改正法」および「高年齢者雇用安定法」が、今後の働き方にかかわる身近な改革だ。「改正育児・介護休業法」は、子の看護休暇や介護休暇を取る際に、半日単位でしか取れず、1日の所定労働時間が4時間以下の労働者は取得不可だったのが、改定後は、時間単位で、すべての労働者が取得可能になる法で、それらの休暇が取りやすくなる。

 また、後者の雇用保険法等改正と高年齢者雇用安定法改正は、定年を70才に義務づけるものではなく、70才までの人の就業機会を確保するために4月から環境整備を始めるというもの。いわば、人生100年時代、働きたい元気なシニアを後押しする改革だ。

 そのほか、1月に大学入試制度が変わり、4月以降には小・中学校などで1人1台のPC端末が配布され、ICTを活用した授業が本格化する。11月には、国産新型乗用車に自動ブレーキ搭載が義務化されるのも見逃せない変化だ。さらに、コロナ禍で公開や開催が延期されたスポーツや催し物、映画、新スポットなどが一気にお披露目となるなど、お楽しみ要素も満載だ。

「特に、映画の人気シリーズの続編が続々と公開予定で、新しいホテルやテーマパークといったレジャースポットの新名所も各地に登場します。2020年末にオープンした『ところざわサクラタウン』(埼玉県)に続き、春に『西武園ゆうえんち』(同)がリニューアルオープン予定ですが、所沢市が若者を中心とした人気スポットになりそうです」(トレンドウオッチャー・くどうみやこさん)

 宇宙に目を向ければ、2月にNASAの火星探査機が火星に到着。秋には13年ぶりとなる日本人宇宙飛行士の募集開始など、宇宙ブームに火がつきそうな予感もある。コロナ禍を抑え込むことに成功すれば、2021年ほど楽しみな年はないと言えそうだ。

2021年主な出来事(予定)カレンダー

【1月】
1日:改正育児・介護休業法施行。介護休暇などが時間単位で取得可能に。 
16~17日:センター試験に代わり「大学入学共通テスト」導入・実施。(2回目は、1月30~31日に実施)
20日:アメリカ大統領就任式。 
23日:映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(新劇場版シリーズの完結作)が公開予定。 
●1月中:ソフトバンクロボティクスが配膳・運搬ロボット『Servi』を1月販売開始予定。

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン