芸能

新田恵利 認知症の母親を在宅で介護、家族の距離が縮まった

新田恵利さんが母親の介護体験を振り返る

新田恵利さんが母親の介護体験を振り返る

 高齢の親が認知症になった時、在宅でケアをするか施設に入れるか、迷う人は多い。在宅で介護したタレントの新田恵利さんが、自身の介護体験を語る。

 * * *
 長く骨粗鬆症を患い、腰椎の圧迫骨折を繰り返していた母ですが、7年前の骨折で入院してからは寝たきりに。私と母が同居している家に兄も引っ越してきて、きょうだいで母の面倒を見るようになりました。

 母は認知症も進行していました。ある時、「在宅か施設かどっちがいい?」と聞いたら、「やっぱり家がいいな」と答えたんです。母の意思を尊重して、訪問リハビリやデイサービスを利用しながら、いまも兄と一緒に自宅で介護する日々です。

 在宅の良いところは、毎日一緒に生活しているので、日々の体調変化がよく分かること。母の体調は“日に日に”ではなく“刻々”と変わるので、良い時も悪い時も自分の目で確認できる。ある意味で“腹をくくる”というか、心の準備をすることもできます。

 在宅介護のおかげで家族関係に変化も起きました。ずっと一緒に過ごすことで母がそれまで疎遠だった兄を頼るようになり、会話がとても増えたんです。ある日、兄が仕事に行く前に「行ってくるよ」と母とハイタッチしている姿を見ました。以前なら考えられない光景です。在宅介護で家族の距離が縮まったと実感しました。

 もちろん、症状によっては在宅介護で家族が疲弊してしまうこともあると思いますが、うちのように親にある程度の判断力があり、きょうだいで分担できる態勢がとれるのであれば、「家で親と過ごす」という選択肢を考えてもいいのではないでしょうか。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン