芸能

新田恵利 認知症の母親を在宅で介護、家族の距離が縮まった

新田恵利さんが母親の介護体験を振り返る

新田恵利さんが母親の介護体験を振り返る

 高齢の親が認知症になった時、在宅でケアをするか施設に入れるか、迷う人は多い。在宅で介護したタレントの新田恵利さんが、自身の介護体験を語る。

 * * *
 長く骨粗鬆症を患い、腰椎の圧迫骨折を繰り返していた母ですが、7年前の骨折で入院してからは寝たきりに。私と母が同居している家に兄も引っ越してきて、きょうだいで母の面倒を見るようになりました。

 母は認知症も進行していました。ある時、「在宅か施設かどっちがいい?」と聞いたら、「やっぱり家がいいな」と答えたんです。母の意思を尊重して、訪問リハビリやデイサービスを利用しながら、いまも兄と一緒に自宅で介護する日々です。

 在宅の良いところは、毎日一緒に生活しているので、日々の体調変化がよく分かること。母の体調は“日に日に”ではなく“刻々”と変わるので、良い時も悪い時も自分の目で確認できる。ある意味で“腹をくくる”というか、心の準備をすることもできます。

 在宅介護のおかげで家族関係に変化も起きました。ずっと一緒に過ごすことで母がそれまで疎遠だった兄を頼るようになり、会話がとても増えたんです。ある日、兄が仕事に行く前に「行ってくるよ」と母とハイタッチしている姿を見ました。以前なら考えられない光景です。在宅介護で家族の距離が縮まったと実感しました。

 もちろん、症状によっては在宅介護で家族が疲弊してしまうこともあると思いますが、うちのように親にある程度の判断力があり、きょうだいで分担できる態勢がとれるのであれば、「家で親と過ごす」という選択肢を考えてもいいのではないでしょうか。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン