芸能

高田文夫氏 玉川奈々福、浪花千栄子ら「女流芸人本」の名調子

高田文夫氏がおすすめ女流芸人たちの本を紹介

高田文夫氏がおすすめ女流芸人たちの本を紹介

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、読む「W」と称して、女流芸人たちの本についてお届けする。

 * * *
 さんざんだった2020年、私の干支ネズミ年も終わり(ガースーの菅総理と同じ72歳)、明けて2021年はうまくいけば丑だとか。正月くらい、ひと時コロナを忘れて読書というのもいかがか。私の机には、女流芸人達の本が山積み。読む「W」である。「芸」の種類も様々、各ジャンルからヨミネートである。

 まずは〈浪曲〉。2020年は神田伯山誕生で“講談”にスポットが当たったが2021年は玉川奈々福、玉川太福の“浪曲”にスポットを当てまくっちゃおう。「イヨッ待ってました!」「日本一!」「たっぷり!」「名調子!」の掛け声の中、元出版社で編集をやっていた人が気がつけば浪曲界の看板になっていた。

 玉川奈々福が書いた『浪花節で生きてみる!』(さくら舎)。この人は昔からなにかを生み出す力を持っている。企画・創造の能力が浪花節に今日的なパワーをつけていく。奈々福の芸と文章の節まわしの良さに魂ももっていかれる(正月早々ほめ過ぎか)。日本人なら浪曲は分かるはず、聞いて読んでみて下さい。

〈ものまね〉の世界からは清水ミチコ『私のテレビ日記』(講談社)。いつも「おやっ?」と思わせる、普通の人とは違う視点があって“喋り”も“文章”も面白いのだが、“芸”は「ひと真似」でも文章はオリジナル。この人のライヴでのアイディアにはいつも笑わされる。2021年も1月2日の武道館から私も“客席スタート”である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン