ライフ

東武鉄道でSLの「音録り」に挑んだ音響のプロが振り返る「ハードな体験」

音響機器メーカーのティアックが東武のSL大樹の音を録音した

音響機器メーカーのティアックが東武のSL大樹の音を録音した

「音鉄」「録り鉄」と呼ばれる鉄道ファンがいる。彼らは鉄道やその周辺の音、発車メロディや駅構内・車内アナウンス、警笛やモーター音なども聴いて楽しむ人たちだ。そういった趣味を明確に持つひとでなくても、鉄道の音と過去の記憶が重なり、郷愁を呼び覚まされる人も多いのではないか。ライターの小川裕夫氏が、東武鉄道と音響機器メーカーのティアックに、SLの「音」をプレゼントするユニークな企画について聞いた。

 * * *
 年が明けても新型コロナウイルスの脅威は収まらない。第3波の襲来で感染者数は大幅に増えた。1月7日、政府は一都三県を対象に再び緊急事態を宣言。13日には対象の府県を拡大させた。

 昨年に緊急事態が宣言された際、多くの人たちは外出を控えた。STAY HOMEにより、飲食店やレジャー施設などでは売上が激減。経営危機に陥った。私たちが生活するために欠かせない鉄道でも、テレワークの導入などによって通勤需要は減退した。それに伴い、各社は売上を減少させている。

 政府からの要請もあって、今回の緊急事態宣言でも鉄道各社は終電の繰り上げ、減便といった措置を講じることになった。これらによって、鉄道各社は売上を減らすだろう。コロナ禍の厄介な点は、いつ収束するかの見通しが立たない点にある。現在の終電繰り上げや減便がつづけば、いくら生活に欠かせない鉄道であっても経営的に持ちこたえられない。

 そんな中、北関東一円に広大な路線網を有する東武鉄道が1月16日から風変わりな取り組みを始めている。それが、SL大樹の音をプレゼントするというキャンペーンだ。

「弊社は2017年から鬼怒川線でSLを運行してきました。同キャンペーンは、昨年9月頃から準備を進めていた企画です」と話すのは、東武鉄道広報部の担当者だ。

 東武は1966年にSLの運行を終了。しかし、「鉄道産業文化遺産の保存・活用」、「日光・鬼怒川エリアの活性化」、「東北復興支援の一助」という3つの目的を掲げて、2017年にSLの運行を復活させた。

 SLを復活させるにあたり、わざわざ各地で保存されていた良好なSLを探し回った。そして、SL運行には欠かせない機関士も費用を投じて養成した。SL復活に並々ならぬ情熱を注ぎ、多額の費用を投じている。

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト