国際情報

中国の王毅外相が新型コロナ中国発生説をやんわり否定 WHOは反論

新型コロナウイルスの発生源について意見が食い違う

新型コロナウイルスの発生源について意見が食い違う

 中国の王毅外相が1月に「中国は新型コロナウイルスを報告した最初の国だったが、病原体が世界中の複数の場所に出現したという証拠が増えている」などと発言したことに対して、中国が新型コロナウイルスの発生源であることを否定する意図があるとの批判の声が上がっている。

 ネット上では「中国が感染源でなければ、感染が発生してからすぐになぜ、WHOを中心とした国際的な調査団を入国させなかったのか。すでに1年以上も経って、証拠を完全に消してから調査団を受け入れても意味はない」などとの書き込みが見られている。

 王毅外相は昨年8月にも「WHOに新型コロナウイルスの存在を初めて報告したのは中国だが、それは中国で発生したという意味ではない。実際、過去数カ月にはこのウイルスが世界の別の場所で発生していることや中国よりも前に発生していた可能性を示す報告がある」と発言していた。

 また、中国メディアも「中国は新型コロナウイルスの発生源ではない」との論調を盛んに報道している。例えば、中国共産党機関紙『人民日報』傘下の国際専門紙『環球時報』は「2019年10月に市内で開催された軍事世界大会に参加した外国人を含め、発生前に武漢を訪れた人々を調査すべきだ」との記事を発表。中国疾病予防管理センターも「中国は新型コロナウイルスが最初に検出された場所だったが、それは中国が起源の場所だったことを意味しない」とか「ウイルスが冷凍魚介類や食肉製品に付着して、中国内に入った可能性がある」との説を発表した。

 これについて、WHO健康緊急事態プログラムのマイク・ライアン部長は香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』に対して、「WHOとしては、新型コロナウイルスが中国で出現しなかったという発言には非常に懐疑的だ。公衆衛生の観点からすると、最初に感染した人間が見つかった場所を感染源として調査を開始することは常識だ」と指摘して、中国から世界各地にウイルス感染が拡大していったとの見方を改めて明らかにしている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン